[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
加工学特論
Advanced Machining Technology
 担当者
 Instructor
准教授 笹田 昌弘  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が下記の能力を身につけることである。切削加工の加工機構などを理解し加工の高度化を図ることができ、難削材加工を理解し切削加工を行えることである。また、塑性加工などについても理解し、加工法を適切に選択できることである。
 
授業内容 Course Content
 本講義では、切削加工の理論、難削材の切削加工、特殊加工法について講義を行う。また、各種塑性加工法の特徴、理論、解析方法についても講義を行う。
 
授業計画 Course Planning
 予習については、次回の範囲で不明なところを確認すること。復習については、講義時に説明した内容を確認することである。
1.加工学概説
2.切削加工の基礎:切削機構、2次元切削について学ぶ。
3.切削加工の基礎:切削工具の特徴、各種工具材料、切削特性、切削抵抗について学ぶ。
4.難削材の材料特性:難削材の材料特性について学ぶ。
5.各種工具材料:高速度工具鋼、超硬合金などの各種工具材料、切削特性、工具寿命について学ぶ。
6.高速切削、高温切削、低温切削、弾性切削について学ぶ。
7.難削材の切削加工(1) :ステンレス鋼、耐熱鋼、超耐熱合金
8.難削材の切削加工(2) :チタン、複合材料、第1回試験
9. 塑性加工の基礎:材料特性、各種塑性加工法について学ぶ。
10.板材の成形試験について学ぶ。
11.成形限界や破断について学ぶ。
12.せん断加工について学ぶ。
13.鍛造加工について学ぶ。
14.その他の加工法について学ぶ。第2回試験
15.まとめ:重要な項目を確認しながらまとめを行う。

 
授業運営 Course Management
 配付資料を用いて進める。また、必要に応じて視覚教材も利用する。
 
評価方法 Evaluation Method
 レポート(1回)40%と講義中に行う試験(2回)60%で総合評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 火曜日2限(8-514)
 
使用書 Textbook (s)
資料を配布する。

 
 
 
[前へ戻る]