[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人間科学特別研究
Seminar of Human Sciences
 担当者
 Instructor
准教授 笹川 俊  通 年 火曜日2時限
 単 位
 Credit
4

到達目標 Target to be Reached
履修者が、自身の興味・関心に基づき、バイオメカニクス・運動制御に関連した研究課題を設定し、課題を達成するための実験およびデータ解析を実施し、修士論文を完成させる事を目標とする。
 
授業内容 Course Content
研究課題の設定、実験デザイン、データ解析、論文執筆、研究成果のプレゼンテーションなどについて指導・助言を行なう。
 
授業計画 Course Planning
1. 研究テーマの選定
2. 先行文献の収集
3. 先行文献の整理
4. 先行文献の考察
5. 先行研究のまとめ
6. 実験計画の策定
7. 実験のデザイン
8. 実験の実施とデータ取得①
9. 実験の実施とデータ取得②
10. 実験データの整理
11. 解析プログラムの作成①
12. 解析プログラムの作成②
13. 実験データの解析(データの前処理)
14. 実験データの解析(メインの解析)
15. 統計処理
16. 実験結果のまとめ
17. 図表の作成①
18. 図表の作成②
19. 修士論文の執筆と添削(「方法のパート」)
20. 修士論文の執筆と添削(「結果のパート」)
21. 修士論文の執筆と添削(「緒言のパート」)
22. 修士論文の執筆と添削(「考察のパート①」)
23. 修士論文の執筆と添削(「考察のパート②」)
24. 修士論文の執筆と添削(「研究小史のパート」)
25. 修士論文要旨の執筆
26. 研究成果プレゼンテーションの作成
27. 研究成果プレゼンテーションの台本の作成
28. プレゼンテーションの練習①
29. プレゼンテーションの練習②
30. 修士論文発表会
 
授業運営 Course Management
授業は演習形式で行なう。履修者が持ち回りで、自身の研究のアイデア、進捗状況、成果について発表する。発表内容について、参加者全員で議論する。
 
評価方法 Evaluation Method
修士論文の内容70%、研究成果のプレゼンテーション15%、授業内における発言の内容15%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日の昼休み(@笹川研究室)。メールでの相談は随時受け付ける。
 


 
 
 
[前へ戻る]