[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人間科学事例研究
Case Study of Human Sciences
 担当者
 Instructor
教授   横倉 節夫  前学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本授業の到達目標は、受講生が、現代日本の地域社会と住民生活を対象とする社会調査を企画・設計・実施し、分析・報告書の作成、発表を通じて、実証的な知識と能力を身に付けられることである。
 
授業内容 Course Content
 受講生の問題関心・テーマにそいながら、社会調査をふまえた事例研究として結実しうるよう指導する。したがって、本授業では、テーマに関する文献研究だけでなく、社会調査という実証的な方法、技法を用いることを必須とし、指導する。
 
授業計画 Course Planning
 授業計画は以下の通りである。
なお、授業回数は一応の目安で、項目ごとの回数は進捗状況により増減する。

1.シラバス記載事項確認。テーマの設定(2回)
2.先行研究の整理(2回)
3.基礎的資料の収集と整理(1回)
4.問題の所在及び仮説の構築(1回)
5.社会調査の設計(2回)
6.社会調査の実施(3回)
7.調査結果の整理と分析(2回)
8.文献、資料、調査結果をもとに報告書作成(2回)

 この授業では、社会調査をふまえた事例研究を行うため、調査主題と方法の設定から調査の実施、調査結果の整理・分析、報告書の作成・発表に至る、実践的指導を行う。
 
授業運営 Course Management
 この事例研究を修士論文の一部として組み込めるよう指導したい。そのため、学習上の留意点として、①問題関心を深めるため先行研究の学修、②現代日本の地域社会・住民生活に関する情報、データ等の日頃からの収集、をして欲しい。
 
評価方法 Evaluation Method
作成した報告書の水準によって評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜日昼休み 17号館425号研究室 その他はメールで日程調整を行う
 
使用書 Textbook (s)
適宜示す。
参考書 Book (s) for Reference
適宜示す。
 
 
 
[前へ戻る]