[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
鋼構造特論
Structural Engineering of Steel Buildings
 担当者
 Instructor
教授   岩田 衛  後学期 金曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 建築構造のシステム化のコンセプトを述べ、スペースフレーム、テンション構造などの空間構造と、超高層ビルから中低層ビルまでのビル構造について、構法計画および構造設計の要点について、具体例をふまえ講述し、受講生が構造設計の実務に必要な知識を得ることを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 授業は、テキストにより基礎的な理解を深めるとともに、具体例については適宜資料を配布し、講義の内容を補完する。講義の進捗に合せて、期間中に3回ほど課題を与え、レポート提出およびその発表を課する。
 
授業計画 Course Planning
1.建築構造のシステム化の歴史
2.システム化のコンセプト
3.建築ヒエラルキーに基づく性能評価
4.システムの成立過程
5.システムの成立過程の例
6.ビル構造における適用例:制振パネル
7.座屈拘束ブレース
8.粘弾性ダンパー
9.かん合ジョイント
10.空間構造における適用例:角形鋼管トラス
11.システムトラス
12.テンション構造
13.シングルレイヤードーム
14.情報技術への対応
15.地球環境問題への対応
 
授業運営 Course Management
 講義および課題に対する調査と発表の半々とする。使用書の対応章を予め読んでくること。
 
評価方法 Evaluation Method
 レポートと3回の発表により評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問等については、毎回の授業終了時に受け付ける。研究室(8-51)においても随時受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
『建築構造のシステム化』[鋼構造出版]

参考書 Book (s) for Reference
『建築物の損傷制御設計』[丸善]
『システムトラス』[建築技術]

 
 
 
[前へ戻る]