[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
計測工学
Electronic Measurements
 担当者
 Instructor
准教授 阿部 晋  前学期 木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
到達目標は電気、電子の分野の科学技術者として、受講生が最初に身につけるべき「概念」「方法」の実際を学び取ることにある。計測は、さまざまな「自然科学現象」と「人間社会が要請する機能」との間を結ぶ基本的な要素である。講義を通して、個々の科学技術の本質を考えながら、そこで重要な役割を果たしている概念を体得し、具体的な基本的知識を蓄えることを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 計測とは「何らかの目的をもって、事物を量的にとらえるための方法、手段を考研し、その結果を用いること」である。
 したがって、将来電気電子通信技術者を目指す学生が共通して修得しておかなければならない科目である。
 授業では計測の基礎とその原理を中心に講義する。
 
 なお、本科目は電気主任技術資格取得に要する以下の学科目の概要を含む。
  1.計測の基礎 2.電気計測の基礎 3.各種計器と測定器 4.電圧・電流の測定
 
授業計画 Course Planning
授業の主要項目として、以下を予定しているが、時間の関係で若干前後する場合がある。
テキストと2~3章毎に配布する資料(テキストを補強した資料)をよく読んで予習し、専門用語の意味を調べてくること。復習としては各章毎の演習問題を行い、知識の整理をすること。
1. ガイダンス:計測技術の学び方、測定と計測の重要性について計測の歴史を紹介する。また、計測の3原則、測定法(直接・間接測定法、変位、零位法など)を学ぶ。
2. 誤差と補正、精度と感度などの計測用語、といった計測の基礎技術を学ぶ。
3. 測定誤差と処理法  誤差伝播の法則を、和、差、積、商に起因する伝播を中心に修得する。
4. 誤差原因を学び、測定誤差の代表的処理方法として最小二乗法を修得する。
5. SI単位系を基本単位、補助単位、組立単位の観点から学ぶ。
6. 基本単位の1つである電流に関しては原理を、組立単位である電圧、抵抗に関しては量子標準について学ぶ。
7. 電気計器の基本原理を指示計器を通じて学ぶ。指示計器を分類(精度、原理、用途)、構成要素(駆動、制御、制動)から理解する。
8. 可動コイル形、可動鉄片形、電流力形、整流器形の具体的計器に基づき、この原理、特色を理解する。
9  電気計測における誤差発生の主因の1つである負荷効果について学ぶ。 分圧、分流の基本回路について学ぶ。
  電圧測定に関しては代表的電位差計法を、電流測定に関しては導体電流を中心に磁束を利用した各種測定法の原理を修得する。
10. 抵抗の測定に関しては、電圧・電流計による間接測定の構成法と特色、2端子、4端子測定法、
  ブリッジ測定法について原理と特色を学ぶ。 インピーダンスの測定に関しては、各種ブリッジによる測定の原理と特色を学ぶ。
11. 直流電力に関しては、電圧・電流による間接測定法、電流力計形電力計による測定を学ぶ。
  単相交流電力に関しては、3電圧計法、3電流計法、電流力計形電力計法を力率の測定法と共に学ぶ。
   3相電力に関しては、有効電力、力率、無効電力の測定法を学ぶ。
12. 磁界の測定では、探りコイル法、ホ-ル素子による方法、磁気変調器による測定方法と磁気の単位について学ぶ。
13. 電磁界の測定では平面波(極小ダイポ-ル源)、電界強度の測定(ダイポ-ルアンテナの受信特性)について学ぶ。
14. 電界強度の測定(電界の強さ)、ダイポ-ルアンテナの特性であるアンテナ係数の測定法について学ぶ。
15. 磁界強度の測定(極小ル-プアンテナ一般的なル-プアンテナの特性について学ぶ。


 
授業運営 Course Management
全て講義形式で教科書を中心に板書で行う。必要に応じてプリントを配布する。講義内容の段階的な理解度をチェックするために小テストを2回行う。授業では電卓を使用する。

 
評価方法 Evaluation Method
学期末試験80%、2回の小テストを20%で評価する。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問は原則として講義終了後に受ける。それ以外の時間は学年、学籍番号、氏名を明記の上メールで連絡すること。
abe0001@kanagawa-u.ac.jp 場所:23-705


 
使用書 Textbook (s)
岩崎 俊『『電磁気計測』B-13』[コロナ社]

参考書 Book (s) for Reference
菅野 允『電磁気計測』[コロナ社]
阿部武雄、村山 実『電気・電子計測』[森北出版]

 
 
 
[前へ戻る]