[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
臨床心理学
Clinical Psychology 
 担当者
 Instructor
講師   吉野 大輔  後学期 木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
1.臨床心理学の歴史的背景と基礎的な理論を身につけ、症状に至るまでの経緯や症状の意味に対するアセスメントと介入法について学ぶ。
2.様々な現場における臨床心理学的実践を学び、人とのふれあいや創造活動を通して自らを表現する事を体験して人間に対する理解を深める。
3.自らの生活をより充実したものとするために、1つの事象や出来事を異なる複数のアプローチで捉えてみて、世界を把握する視野を広げる。ある症状を因果論的な捉え方だけでなく、関係性の視点、芸術的な創造の観点などからアプローチしてみる。

 
授業内容 Course Content
 臨床心理学Ⅰでの基礎的な内容を踏まえた上で、臨床心理学Ⅱでは精神疾患の症状や、心の発達の問題などを取り上げて、臨床心理学的が対峙している問題に対して理さらなる理解を深める。必須ではないが前期の臨床心理学Ⅰの受講が望ましい。

 臨床心理学は,実践的な学問であるため,自己理解、他者理解を深めるために,グループワークや受講生とのディスカッション、描画などの体験的な学習を重視する。受講者の主体性が重視される。ガイダンスでの説明を聞いて自分にあっているかよく考慮した上で、選択して下さい。
 
授業計画 Course Planning
 下記の予定は受講者数と進度、受講者の質問や興味の範囲によって調整していきます。講義内容を踏まえた上で行うグループディスカッションや課題のための事前準備をその都度指示します。講義の復習と次回の予習の意味合いがあります。

1 ガイダンス 臨床心理学とは
2 臨床心理学と発達的観点 ライフサイクル論
3 心理療法1 精神分析療法
4 心理療法2 分析心理学的心理療法
5 心理療法3 認知行動療法
6 心理療法4 来談者中心療法
7 心理療法5 児童の心理療法
8 心理アセスメント1 知能検査
9 心理アセスメント2 質問紙法
10 心理アセスメント3 投影法1
11 心理アセスメント4 投影法2
12 カウンセラーとクライエントの関係1 転移
13 カウンセラーとクライエントの関係2 限界設定の意味
14 カウンセラーの仕事1 仕事の多様性
15 カウンセラーの仕事2 自己実現への共同作業

 
授業運営 Course Management
 テキスト参考書、講義内資料、教員によって与えられたテーマに沿って、二人ないしグループでの話し合いが各時間に設けてある。表現する事によって起こる心の動きや変化を体験的に捉えつつ、それらが聞き手に与える影響を考える。また聞き手として相手の表現を受け止めることで、自らに起こる気づきや変化を体験的に感じ、聞き手の態度が相手の表現にどのような影響を与えるかを考える。お互いが共鳴しながら変化していく過程を、学問的理論と自らの体験で捉えていく。
 
評価方法 Evaluation Method
授業への出席(講義での気づきやひらめき、体験の感想を提出)40%、レポート30% 
講義内のグループでの話し合いや課題の達成度30%の総合評価を行う。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問などは講義前に対応します。講義後は4、5時限の講義のため時間が取れません。よって事前にアポイントを取ってもらえれば講義開始前の昼休みと5時限終了後に対応します。アポイントの取り方は講義内にお伝えします。
 
使用書 Textbook (s)
河合隼雄『『カウセンリングの実際問題』』[誠信書房]

参考書 Book (s) for Reference
岸本寛史『『ニューロサイコアナリシスへの招待』』[誠信書房]
齋藤高雅『『臨床心理学特論』』[放送大学大学院教材]

 
 
 
[前へ戻る]