[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
建築基礎特論
Building Foundation
 担当者
 Instructor
教授   荏本 孝久  後学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 地盤の力学的性質と基礎構造の設計に関する基礎理論の理解を深めるとともに、静力学的および動力学的な視点から地盤と建築物の基礎構造の間の力の伝達機構について習得することを目的とします。
 
授業内容 Course Content
 建築物の基礎は、建築構造と地盤の接点をなす構造部位であり、上部建物の荷重を支えるとともに建物に作用する外力に対して建物と地盤の間の荷重の伝達に重要な役割を持っています。ここでは、建物と周辺地盤との力の伝達機構に関して静力学および動力学的な視点を含めた基礎的理論について講述します。
 
授業計画 Course Planning
 授業は各回、概ね下記の内容で進めるよう予定していますが、授業内容の関連性に配慮して、若干前後する場合もあります。
また、次回の授業内容について毎回若干の説明を加える予定ですので、予習をしておくことが望ましい。また、毎回の授業については、テキストや配布資料などに基づいて復讐をし、各自で内容をまとめノートを作成しておくことも大変重要です。

1.土の構成と力学的性質
2.地盤の動力学的性質
3.建築物の基礎構造
4.基礎構造の設計理論(1)地中応力
5.基礎構造の設計理論(2)沈下
6.基礎構造の設計理論(3)支持力
7.基礎構造の設計理論(4)土圧
8.連続体の振動理論
9.波動方程式の解法
10.地盤の地震応答
11.地盤と建築物の動的相互作用
12.動的インピーダンス(1)
13.動的インピーダンス(2)
14.耐震設計への応用
15.地盤の液状化と対策

 以上の内容について講義を進め、地盤の力学的性質の理解を深めて基礎構造の設計理論の基礎となる考え方について説明します。また、地震時における地盤と建築基礎構造の間の地震動の伝達機構に関する理論についても説明し、建築物の基礎構造について必要な事項を講述します。
 
授業運営 Course Management
 授業の運営は、適切なテキストにより基本的な講義を行い、重要な内容については適宜関連する配布資料により、補完的な内容の説明を加えて進めます。また、基本的に重要な要点について、期間中にレポート提出(3回程度)を課して内容の理解を深めます。
 
評価方法 Evaluation Method
 上記の[授業運営]に記したように、最終評価は提出されたレポート(3回程度)の評価により総合評価します。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問等については、毎回の授業終了時に受け付けますが、研究室(8-55)においても随時受け付けます。また、メール(enomot01@kanagawa-u. ac. jp)による質問も受け付けます。
 
使用書 Textbook (s)
未定
参考書 Book (s) for Reference
『建築基礎構造設計指針』[日本建築学会]
『入門・建物と地盤との動的相互作用』[日本建築学会]
大崎順彦『建築基礎構造』[技報堂出版]

 
 
 
[前へ戻る]