[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
建築施工特論
Building Erection
 担当者
 Instructor
教授   島崎 和司  後学期 木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 土工事から仕上げ工事までの各種工事について、各自で標準仕様書、QC工程図を参考にして施工計画書を作成し、発表を行い、全員で質疑を行うことにより、工事の手順と品質管理手法について理解することを目標とする。
 
授業内容 Course Content
 主要構造形式である鉄筋コンクリート構造と、鋼構造を中心として、土工事から仕上げ工事までの各種工事について、各自で標準仕様書、QC工程図を参考にして施工計画書を作成し、発表を行う。その発表と質疑を通して、施工時の品質管理の概要について理解する。また、実際の建設工事を見学し、自分の作成した施工計画書の適否を考える。
 
授業計画 Course Planning
以下の工事項目について、順次発表・討議を行う。担当者以外も、あらかじめ下記の参考書を読んで、該当工事の概要を調べておくことが望ましい。
1.ガイダンス、建設業の現状、見積りと実行予算
2.仮設工事
3.杭工事
4.根切り・山留め工事
5.鉄筋工事
6.型枠工事
7.コンクリート工事
8.鉄骨工事
9.カーテンウォール工事
10.防水工事
11.木工事、各種仕上げ工事
12.各種仕上げ工事
13.各種仕上げ工事
14.現場見学
15.まとめとレポート作成
最終レポート提出
 
授業運営 Course Management
 授業は、各自が作成した施工計画書に基づいて発表を行い、その質疑を行う形式で進行する。
 
評価方法 Evaluation Method
 作成した施工計画書、質疑の内容、最終レポートを総合的に判断して評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 木曜日3限1235室 メールアドレス shimazaki@kanagawa-u.ac.jp
 

参考書 Book (s) for Reference
江口清『現場技術者が教える「施工」の本〈躯体編〉』2[建築技術]2007
野平 修、松島 潤『現場技術者が教える「施工」の本〈仕上げ編〉』1[建築技術]2006
日本建築学会『建築施工用教材』
最初の授業で指示する。
 
 
 
[前へ戻る]