[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経済性工学特論
Engineering Economy
 担当者
 Instructor
教授   瀬古沢 照治  後学期 水曜日1時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、受講生が、新システム構築の社会的環境、開発の要点、開発手順、手法およびその特長と限界を知ることができることである。システムとしての価値をどのように創出するかを実践的に捉えることができる。さらに、受講生が、多くの実践的事例を紐解き、システムのコンセプトに基づいた問題解決方法と、新しいシステム構築の基礎ができることを到達目標とする。将来のリーダあるいは新たなクリエータとなるべく、価値の創造に繋がる考え方と新しいアプローチを示すことができる。
 
授業内容 Course Content
従来の技術を強みとした企業の経済活動だけでは21世紀を生き残ることはできない。将来の経済活動における技術の位置づけを明確に捉え研究開発することが不可欠となる。社会情報システムの事例を概観し、将来の市場や社会および生活がどのようになるかを予測し、未来世界の有り様を具体ターゲットに見据え、現在おかれている立場の上で準備しておくことは重要である。本講義では、社会システムの変遷と近過去における具体事例を紐解き、これらに基づき、将来に必要となる戦略とは何かを分析する。学部卒業程度の数学的能力と過去の技術や市場の変遷から学ぶ態度が要求される。
 
授業計画 Course Planning
予習は配布する資料を予め読んでおくこと。特に復習では、実践的システムの課題、社会環境、新システムの訴求点などを自ら検討できるように心掛けること。
1.IT情報社会とは何か
  ・情報技術の進展と社会の変貌(1週)
  ・技術ブレークスルー、デバイス、コンピュータ、ネットワーク (2週)
2.情報システムと制御システムのモデリング
  ・状態遷移モデルとペトリネット   (3週)
  ・現代制御理論を中心とした最先端制御技術 (4週)
  ・制御モデルと制御システム  (5週)
3.鉄道・自動車システム
  ・鉄道運行システム   (6週)
  ・環境対応自動車システム (7週)
  ・ITS   (8週)
4.環境公共社会システム
  ・水道運用管理システム (9週)
  ・配水制御システム (10週)
  ・河川制御システム (11週)
  ・農業における水管理システム (12週)
5.セキュリティシステム
  ・情報セキュリティシステム   (13週)
  ・認証、署名、暗号、バイオメトリックス  (14週)
6.2020~2040年における技術の未来像(15週)

 
授業運営 Course Management
上記の授業計画に沿って講義形式で進めるが、さらに内容の理解を深めるために、実際の課題に対し社会システムモデルのレポートを提出する。
 
評価方法 Evaluation Method
講義中に課す演習とレポートおよび講義中の質疑応答で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日4時限に教授室を訪問のこと。研究室にいるときの相談は可。質問等は講義中にも対応する。
 
使用書 Textbook (s)
テーマ毎に資料を配布する。
参考書 Book (s) for Reference
川口有一郎『リアルタイムオプションの思考と技術』[ダイヤモンド社]
ジャック・アタリ『21世紀の歴史』[作品社]
その他の参考書あるいは資料は,必要に応じて随時紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]