[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
作業工学特論
Work Systems Engineering
 担当者
 Instructor
准教授 森 みどり  前学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、技術者として必要な作業工学の基礎知識と視点を習得し、日常生活および産業場面で身近な問題・対象に活用できる実践力を養うことである。


 
授業内容 Course Content
 本講義では、人間の諸特性を理解して、作業改善、製品設計、システム構築等に活かす基礎的手法を主な対象とする。すなわち、生活・産業場面において、作業の安全・効率・快適性および作業者の健康に影響を及ぼす要因、人間の諸特性・ヒューマンファクターを考慮した作業設計・管理技術が必要不可欠であることを学ぶ。

 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係等で若干前後する場合もある。テキストを読んだ上で出席していることを前提とするので、予習として、①各回の該当頁をあらかじめ読んでくること、②わからないことについて、自分なりに調べてみること、の2点が不可欠である。
 復習としては、講義時に示した理論・知見を身近な生活・作業環境の問題・事例に当てはめて考察してみること、および、周辺科目の関連項目について学ぶことを勧める。さらに、毎日の生活の中で関連報道(新聞記事・ニュース等)に広く目を向け、自ら調べようとする姿勢をもつことが望ましい。

1.作業工学とは:対象範囲、目的と意義
2. 人間の仕組み(1):身体的特性、身体的活動
3. 人間の仕組み(2):生理的特性、神経系のしくみ、感覚器官と情報処理
4. 人間の仕組み(3):認知的特性、知覚と認知 
5. 人間の仕組み(4):認知的特性、記憶と思考、高次情報処理過程 
6. 人間の仕組み(5):心理的特性、個人的特性
7. 労働の場における作業分析(1):作業負担、疲労と作業管理
8. 労働の場における作業分析(2):作業の人間工学的設計
9. 労働の場における作業分析(3):メンタルストレスとメンタルヘルス、技能と教育・訓練
10. 労働の場における作業分析(4):科学的測定と評価
11. 作業負担の軽減と作業性の向上(1):ヒューマン・マシン・システム、ヒューマン・マシン・インタフェース
12. 作業負担の軽減と作業性の向上(2):作業システムの設計と改善
13. 作業の安全性・信頼性と事故防止(1):ヒューマンファクターとヒューマンエラー
14. 作業の安全性・信頼性と事故防止(2):リスクマネジメント、事故の分析方法と安全対策
15.総括:生活・産業場面における作業工学の目標と動向

 
授業運営 Course Management
 講義および生活・産業場面における身近な問題や事例に関する演習、発表・討論、レポート課題を通して、作業工学に対する関心と理解を深められるように計画している。詳細については、開講時に説明する。
 
評価方法 Evaluation Method
 評価方法は、最終試験またはレポート 50%、中間レポートおよび演習課題、発表・討論50%として総合評価する。評価基準の詳細は、開講時に説明する。


 
オフィスアワー Office Hour (s)
 月曜日昼休み(12:10-12:50)、23号館628室。簡単な質問等は、講義時間後や在室時はいつでも受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
開講時に説明する。
参考書 Book (s) for Reference
小松原明哲・辛島光彦『マネジメント人間工学』[朝倉書店]2008年
吉川栄和編著『ヒューマンインタフェースの心理と生理』[コロナ社]2006年
国際労働事務局(ILO)編/国際人間工学会(IEA)協力『人間工学チェックポイント』第一版[労働科学研究所]1998年
その他、必要に応じて授業時に紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]