[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
建築都市防災
Disaster Prevention Engineering 
 担当者
 Instructor
講師   大熊 武司  後学期 火曜日2時限
講師   加藤 孝明  後学期 火曜日2時限
講師   瀬尾 和大  後学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

学習の教育目標 Educational Targets for Learning
建築:B、C、D
 
到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講者が、災害の実態、発生のメカニズム、科学・技術的対策、行政的対策等について学ぶことにより、防災・減災について考える力を身につけられることである。
 
授業内容 Course Content
 本講義では風災害、豪雨・津波災害、地震時の火災災害を中心に、建築物や都市の防災・減災問題について、次のような視点に立って講義します。すなわち、「自然災害の防止・低減には、何よりも、自然現象の特性、現象が建築物や都市に及ぼす影響、その影響に対する適切な対策といった科学・技術的側面を知ることが大切である。しかし、国や自治体、関係業界の対応、社会や個々人の意識が密接に関係するために、それだけでは十分な防災・減災効果は得られない。」
 
授業計画 Course Planning
 以下の順に講義を進めます。受講者には、各回の授業の要点・感想などをそれぞれ200字程度以内にまとめ、「レポート提出」時に、「要点・感想など一覧」としてレポートと併せ提出することが求められます。
 1.ガイダンス/設計と防災
 2.強風・強風災害概説
 3.強風の特性と耐風設計における扱い
 4.風圧の発生と風圧・風力の特性(1)気流・風圧・風力
 5.同(2)風洞実験法
 6.建築物の風による振動、免震・制振建築物と風
 7.風と都市と建築
 8.強風災害の防止・低減にむけて
 9.豪雨災害(1) 最近の災害事例から見た問題の所在
10.豪雨災害(2) 豪雨災害の基礎と対策
11.豪雨災害(3) 津波災害の基礎と対策
12.豪雨災害(4) 討論:建築都市防災の視点から何が可能か
13.都市づくりと自然災害リスクの関係
14.地震災害における火災発生・拡大のメカニズム
15.地震火災災害を軽減する都市づくり
 
 
授業運営 Course Management
 講義は各講師が分担対応します。
第1回~8回:大熊、第9回~12回:瀬尾、13回~15回:加藤
講義では内容に応じてスライド、ビデオを利用します。期間中にレポート提出を3回(予定)求めます。
 
評価方法 Evaluation Method
 評価はレポートの成績によります。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問等は授業後に受け付けます。
 
使用書 Textbook (s)
初回のガイダンス時に配布する講義ノート+講義時に適宜配布する資料。
参考書 Book (s) for Reference
藤本盛久、羽倉弘人共編著『現代 建築防災工学』[オーム社]
日本建築防災協会編『20世紀の災害と建築防災の技術』[技報堂出版]
大熊武司+神田順+田村幸雄『建築物の耐風設計』[鹿島出版会]

 
 
 
[前へ戻る]