[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
スペイン語圏文化特殊講義D2
 
 担当者
 Instructor
講師   岩根 圀和  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
原則として前期の継続を行う。バロック時代の最盛期であるスペイン17世紀の文学から演劇作品を取りあげて精読を行い、スペイン社会の思想、文化などのテーマをリサーチする
 
授業内容 Course Content
スペイン古典演劇には膨大な数の傑作が残されているが、今期は知性の怪物カルデロン・デ・ラ・バルカの作品から『サラメアの村長を』を精読する。同時に17世紀スペインの社会状況への知識を深めることに努める。
 
授業計画 Course Planning
カルデロン・デ・ラ・バルカ作『サラメアの村長』の講読を次の手順で行う予定である。

1.シラバス記載事項の確認。『サラメアの村長』の歴史背景を知る
  ポルトガルの王位継承にからむフェリペ2世の出兵を学ぶ
2.17世紀スペインの軍隊組織ならびに兵士の生活について知る
3.『El Alcalde de Zalamea』の講読
  第一幕。17世紀スペインの語彙について
4.第一幕継続
  17世紀スペイン語の文法的特徴を確認する
5.第一幕、終わり
  第一幕のあらすじのまとめを行う
6.第二幕
  17世紀スペインの娯楽について
7.第二幕の継続
  スペインの名誉意識について知る
8.第二幕終わり
  名誉意識のさらなる知識を得る
9.前回に続いて名誉意識の徹底学習
  名誉にかかわる論文の講読
10.スペインの名誉の概念とはどのようなものであるかその特徴をまとめる
11.『サラメアの村長』第三幕講読
12.第三幕の継続
  スペインの王権の特徴を見る
13.第三幕終了
  フェリペ2世とクレスポの司法権主張について見る 
14.『サラメアの村長』の全体のまとめ
15.最後の先行する同名作品、ローペ・デ・ベガの『サラメアの村長』との若干の比較を行ってカルデロン・ デ・ラ・バルカの特異性  を確認する。
 
 
授業運営 Course Management
作品を徹底的に読み込む予習をして授業に臨むことが必要である。ついで関連論文の検索を学んでコピーを読まなければならない。
 
評価方法 Evaluation Method
作品の講読ならびにレポート発表による。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火、水の昼休み。
 
使用書 Textbook (s)
Calderón de la Barca,El Alcalde de Zalamea,Castalia


 
 
 
[前へ戻る]