[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際日本文化特殊講義E2
 
 担当者
 Instructor
准教授 富谷 玲子  後学期 土曜日1時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
日本語教育学の枠組みでの研究方法を学び、学生が各自のテーマで論分を執筆するための基礎力を培うことを目的とする。
 
授業内容 Course Content
 比較言語文化特殊講義H1(演習)をさらに発展させた科目である。
 日本語教育学の枠組みでの研究方法を学び、受講者が自らの研究テーマを厳密に定義し、それについて的確な分析、考察、議論を行い、学術論文を完成させるための指導を行う。
 
授業計画 Course Planning
1.概論(演習の進め方)
2.日本語教育学の論文形式の分析1
3.日本語教育学の論文形式の分析2
4.学生自身の研究テーマにおける先行研究の講読1
5.学生自身の研究テーマにおける先行研究の講読2
6.学生自身の研究テーマにおける先行研究の講読3
7.学生自身の研究テーマによる論文の構成1
8.学生自身の研究テーマによる論文の構成2
9.学生自身の研究テーマによる論文の構成3
10.小論文の執筆と途中経過の報告1
11.小論文の執筆と途中経過の報告2
12.小論文の執筆と途中経過の報告3
13.小論文発表会1
14.小論文発表会2
15.まとめと解説
 
授業運営 Course Management
受講者自身が論文執筆することを中心として進める。積極的な参加を求める。
 
評価方法 Evaluation Method
授業への参加と、この授業を通じて執筆した論文の完成度に基づき評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
開講時に指示する。
 
使用書 Textbook (s)
開講時に指示する。
参考書 Book (s) for Reference
演習実施中に随時指示する。
 
 
 
[前へ戻る]