[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
日本語学研究
Japanese Linguistics
 担当者
 Instructor
准教授 駒走 昭二  前学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①日本語の歴史に関する基礎的な知識を身につけること、②日本語を通時的に考察する能力を身につけること、③日本語史の資料を分析する能力を身につけることである。
 
授業内容 Course Content
 言葉には歴史がある。現代の日本語もその歴史的動態を視野に入れなければ、真の姿が見えてこない。古代から近代に至るさまざまな言語事象を対象化し、現代日本語がいかにして成立したのかを考える。特に文法史を中心に扱う。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は一応次のように予定しているが、時間の都合により若干前後する場がある。普段から自分や周囲の人々が使用している日本語について、注意深く観察しておくことが必要である。
1.ガイダンス
2.古代語から近代語へ(解説)
3.古代語から近代語へ(課題検討・発表)
4.動詞の活用形式(解説)
5.動詞の活用形式(課題検討・発表)
6.係り結び(解説)
7.係り結び(課題検討・発表)
8.推量の助動詞(解説)
9.推量の助動詞(課題検討・発表)
10.接続助詞(解説)
11.接続助詞(課題検討・発表)
12.已然形と仮定形(解説)
13.已然形と仮定形(課題検討・発表)
14.条件表現(解説)
15.条件表現(課題検討・発表)
 
授業運営 Course Management
 これまでに日本語学を全く学んだことのない受講生を想定し、日本語の歴史に関する基本的な事項を解説する。また、その探求方法についての指針を具体的事例を通して提示する。
 随時、課題を出すので、受講生は自ら資料の分析に取り組み、その結果を発表する。
 
評価方法 Evaluation Method
 期末のレポート(70%)、発表内容や授業への参加度等の平常点(30%)を総合的に判断して評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 月曜日14:40~16:10(17-419研究室)
 
使用書 Textbook (s)
 小林賢次 梅林博人『日本語史探究法』[朝倉書店]2005年


 
 
 
[前へ戻る]