[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
中国語学研究
Chinese Linguistics 
 担当者
 Instructor
教授   松村 文芳  前学期 金曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
1.中国語の統語構造を正確に意味解析する能力を修得する。
2.そのために形式意味論の手法を身につける。
3.意味の解析の過程で漢語水平考試6級以上の読解能力を獲得する。
 
授業内容 Course Content
(1)中国語を代表とする自然言語の意味を記述する技法を身につける。
(2)技法の枠組みとして形式意味論の方法を修得する。
(3)形式意味論の方法に基づいて現代中国語の意味論の諸問題を考察し、具体的に分析記述する。
 
授業計画 Course Planning
 計15回の演習の内容は次の通りである。
第1回  :自然言語の形式意味論の研究方法(入門)
第2回  :自然言語の形式意味論の研究方法(概説)
第3回  :自然言語の形式意味論の研究方法(特論)
第4回  :形式意味論のアウトライン(入門)
第5回  :形式意味論のアウトライン(概説)
第6回  :形式意味論のアウトライン(特論)
第7回  :普遍文法と英語の語句の体系(入門)
第8回  :普遍文法と英語の語句の体系(概説)
第9回  :普遍文法と英語の語句の体系(特論)
第10回 :普遍文法と英語の語句の体系(個別例の検討)
第11回 :形式意味論の語用論的研究(入門)
第12回 :形式意味論の語用論的研究(概説)
第13回 :形式意味論の語用論的研究(特論)
第14回 :談話表示理論の基本的体系(入門)
第15回 :談話表示理論の基本的体系(概説)
 形式意味論の技法を用いて、現代中国語の統語構造の意味を形式表示する能力を養う。主として、『論理意味論』(中国語本)の枠組みに従うが、『自然言語の論理研究』(中国語本)『形式意味論入門』(日本語本)の論述をも参照して、演習内容を深める。
 
授業運営 Course Management
(1)毎回、参考文献の一部分を講読し、板書を多用して、問題点を検討、討論する。
(2)討論の過程で新しい発想が浮かぶことが多いので、その発想を出発点として自分の研究テーマを決定する。
(3)研究テーマを設定して、研究を推進しながら、形式意味論の全体を眺めることが重要である。
(4)板書によって、内容をわかりやすく説明するが、内容は複雑であるので、必ずノートを準備しておかれたい。
 
評価方法 Evaluation Method
(1)文献講読の正確性と授業時の討論内容 50%
(2)年度末の研究報告 50%
(3)上記の内容を総合的に判断して決定する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 下記のメールで受付けるする。matsuf01@kanagawa-u.ac.jp
緊急の場合は授業の終了時に質問日の調整をする。
 
使用書 Textbook (s)
 演習時にプリントを配布する。
参考書 Book (s) for Reference
 演習時に適宜紹介する
 
 
 
[前へ戻る]