[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
比較言語文化特殊講義C2
Lectures in Comparative Linguistics and Cultures C2
 担当者
 Instructor
教授   堤 正典  後学期 月曜日5時限/月曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 「対照言語学」を、語彙・音韻・文法における対照分析を通して、主にその実践面を理解するとともに、言語の普遍性と多様性の種々の側面を知る。
 
授業内容 Course Content
 「対照言語学」は、複数の個別言語を比較対照することにより、(対照分析を行なった部分における)それぞれの言語の特徴を明らかにする。また、このように言語の個別性・多様性を論じることから進んで、言語の普遍性の探求にも道がつながっている。
 ここでは、対照分析を行なっている研究の具体例をみることにより、対照分析への理解を深めて行く。日本語と英語の対照分析のように、比較的なじみやすいものから始めて、様々な言語について取り上げ、言語の個別性・多様性に幅広くふれていく。
 
授業計画 Course Planning
 資料は十分に読み込み、準備をしっかり行って、授業に臨むことは当然であるが、各回の内容をどのように自分の成果として取り込むかに常に注意を払いながら受講してほしい。
 なお、各回の内容については進み方の都合で前後する場合がある。

1.シラバス記載事項の確認。「対照言語学」について
2.語彙の対照:種々の名詞 基礎
3.語彙の対照:種々の名詞 実際
4.語彙の対照:種々の名詞 成果と応用
5.音韻の対照:種々の音韻現象 基礎
6.音韻の対照:種々の音韻現象 実際
7.音韻の対照:種々の音韻現象 成果と応用
8.文法の対照:統語現象 基礎
9.文法の対照:統語現象 実際
10.文法の対照:統語現象 成果と討論
11.その他の言語現象の対照分析 基礎
12.その他の言語現象の対照分析 実際
13.その他の言語現象の対照分析 成果と討論
14.「対照言語学」の意義について
15.まとめ
 
授業運営 Course Management
 「対照言語学」の方法を実際に用いている論文をとりあげ、受講者による報告と教員の解説、そして討論により進める。
 学期末にはレポートを提出してもらう。
 
評価方法 Evaluation Method
 授業参加態度50%、レポート50%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問等は授業後その場で受け付ける。なお、メールでも質問等を受け付ける(メールアドレスは開講時に知らせる)。
 
使用書 Textbook (s)
 必要な場合に指示する。適宜プリントを配布する。
参考書 Book (s) for Reference
 適宜指示する。
 
 
 
[前へ戻る]