[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
比較言語文化特殊講義B2
Lectures in Comparative Linguistics and Cultures B2
 担当者
 Instructor
教授   鳥越 輝昭  後学期 木曜日2時限/木曜日6時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 この講義の到達目標は、履修者が、①都市を対象とする表象文化史の理解を深め、②調査考察して、研究発表し、学期レポートを作成することです。
 
授業内容 Course Content
 この講義では、イタリアの都市ローマとヴェネツィアが描かれている絵画、オペラ、文学作品のなかに見られる語り方に注目します。
 この語り方について、わたくしからも分析例を示し、履修者にも分析してもらって、討論します。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義はつぎのように計画していますが、時間の都合により多少前後することがあります。
 予習としては、事前に課題として示す絵画やオペラ作品(DVD)を見たり、書籍を読んだりして、討論に参加できるように、重要だと思う事実や自分の考えをメモしておいてください。
 復習としては、わたくしによる分析例や講義での討論をふまえて再考し、考えを深めてください。

1. シラバスの記載事項についての確認、授業の内容・進め方・評価方法についての説明、課題図書や参考文献の提示
2. ヨーロッパ絵画史について、わたくしによる概説、質疑応答
3. ローマが描かれた絵画(作品例1)について、わたくしによる分析例の提示、質疑応答
4. 上記作品例1について、履修者による分析の発表、討論
5. オペラ史について、わたくしによる概説、質疑応答
6. 劇場でのオペラ鑑賞
7. ヴェネツィアが描かれたオペラ作品(作品例2)について、わたくしによる分析例の提示、討論
8. 上記作品例2について、履修者による分析の発表、討論
9. ヴェネツィアが描かれた絵画作品(作品例3)について、わたくしによる概説、質疑応答
10. 上記作品例3について、履修者による分析の発表、討論
11. ヴェネツィアが描かれた文学作品(作品例4)について、わたくしによる分析例の提示、討論
12. 上記作品例4について、履修者による分析の発表、討論
13. ヴェネツィアが描かれた文学作品(作品例5)について、わたくしによる分析例の提示、討論
14. 上記作品例5について、履修者による分析の発表、討論
15. まとめの討論

 
授業運営 Course Management
 上記の「授業計画」に書いたとおり、主として、①わたくしによる分析例の提示、②履修者による分析の発表、③討論の3つの組み合わせで進めます。
 討論に参加するために、「授業計画」で記したかたちの予習は不可欠です。

 
評価方法 Evaluation Method
 ①履修者による分析の発表ならびに②討論への参加度を合わせて50パーセント、③学期レポートを50パーセントの割合で評価します。
 4回以上欠席した場合には評価の対象にしません。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
 水曜3時限(会議のないとき)、17号館326研究室へ
 

参考書 Book (s) for Reference
鳥越 輝昭『『表象のヴェネツィア——詩と美と悪魔』』[春風社]2012

 
 
 
[前へ戻る]