[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英語教育特殊講義C1
Lectures in English Language Education C1
 担当者
 Instructor
教授   デビッド・アリン  前学期 月曜日5時限/月曜日7時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
この講義の目的は、ことばと心に関連する言語学の分野における基本的な概念や議論の導入であり、臨界期仮説や敏感期仮説、成熟期の限界などを学ぶ。学生は言語学の分野で使用されている質的および量的な研究方法を身に付ける。さらに、理論的内容を学ぶための基礎として、論文の読み方、批評の仕方、および正しい学術的体裁を使用しての要点のまとめ方も学ぶ。

 
授業内容 Course Content
本講義では、心理言語学の概説を行う。その前編である。心理言語学は、言語における心理、及び言語と社会、文化、学習、心、脳との関係、ひいては人間の言語と他の動物種における伝達体系との比較を行う学問である。心理言語学に関わる領域を幅広く扱うため、内容は関心に応じて様々な問題に及び、資料は言語研究における他の領域までも含む。前期は、臨界期説、そして第二言語学習における子供と大人の比較に焦点をあてる。
 
授業計画 Course Planning
1. Introduction
2. Background to the Critical Period Hypothesis (pp. 124-127)
3. Case Study 1: Victor, The Wild Boy of Aveyron (pp. 127-131)
4. Case Study 2: Genie (pp. 131-135)
5. Case Study 3: Isabelle (pp. 135-137)
6. Case Study 4: Chelsea (pp. 137-138)
7. Case Study 5: Helen Keller (pp. 138-140)
8. Summary and Critique of the Critical Period Hypothesis (pp. 140-143)
9. Children and Adults in Second Language Learning (pp. 169-170)
10. The Sensitive Period for Second Language Acquisition (Oyama, 1976)
11. Explication and Induction (pp. 170-173)
12. Memory and Motor Skills (pp. 173-178)
13. Social Situation (pp. 178-185)
14. Motivation and Attitude (pp. 185-189)
15. まとめと期末試験

 
授業運営 Course Management
受講者は毎回テキストを読んだ上で授業に臨み、その内容に基づいたディスカッションを行う。
 
評価方法 Evaluation Method
評価は以下に基づく。宿題及び授業への参加(15%)、語彙の小テスト(15%)、中間及び期末テストにおける小論文(各35%)、学期末のレポート(35%)。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜日12~13時
 
使用書 Textbook (s)
Steinberg,Nagata,Aline,Psycholinguistics: Language, Mind and World,2nd,Longman,2001


 
 
 
[前へ戻る]