[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
ディジタルシステム設計論
Advanced Digital Circuits and Systems Design
 担当者
 Instructor
教授   豊嶋 久道  後学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生がコンピュータプログラムによりマイクロプロセッサの設計と動作の確認ができること、及びハードウェアとソフトウェアの協調設計について理解することである。
 
授業内容 Course Content
 我々の身の回りにある電子機器のほとんどは、内部にコンピュータを含むディジタルシステムとして動作している。本講義では、ディジタルシステムの中心となるマイクロプロセッサを取り上げ、その仕組みと設計方法について講義する。
 
授業計画 Course Planning
1. イントロダクション
2. ディジタルシステムの基本構成
3. マイクロプロセッサの基本構成
4. 算術演算回路の構成と設計
5. データバスと制御
6. 命令セットの設計
7. アセンブリ言語プログラミング
8. ハードウェア記述言語の文法
9. ハードウェア記述言語による動作シミュレーション
10. ハードウェア記述言語による論理合成
11. ディジタルシステムの設計と評価
12. 特定用途向けプロセッサのための拡張
13. コンピュータプログラミングの実習(Ⅰ)
14. コンピュータプログラミングの実習(Ⅱ)
15. まとめ
 
授業運営 Course Management
 和文、及び英文の資料を配布し、講義を行う。ディジタル回路設計の基礎知識を修得していることを前提として講義を行うため、学部開講の「ディジタルシステム基礎」を修得していることが望ましい。またコンピュータプログラミングの実習を行うため、プログラミング言語(何でもよい)が使えることが望ましい。
 
評価方法 Evaluation Method
 コンピュータプログラムの作成を含む課題レポートにより評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問は授業開講日の12:00~13:00に講義教室にて受け付ける。
 

参考書 Book (s) for Reference
 M. Morris Mano,Computer Architecture,Prentice-Hall
 高橋進一、豊嶋久道『ディジタル回路設計入門』[培風館]
 パターソン&ヘネシー『コンピュータの構成と設計』第3版[日経BP社]

 
 
 
[前へ戻る]