[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
物性工学特論
Advanced Solid State Physics and Engineering
 担当者
 Instructor
教授   山口 栄雄  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
電子の関わる現象について原理からの理解を重点的に学習し、電子物性を学生が深く身に付け、理解することを目標とする。とくに、バンド構造、状態密度の概念、キャリアの輸送現象、緩和現象を物理的に理解し、それを基盤に、半導体のpn接合等の理解に結びつくことを目指す。
 
授業内容 Course Content
電子の関わる現象について重点的に学習する。電子物性工学を理解するために必要な予備知識として、固体物性、電磁気学、電気回路、統計力学、微分積分、複素関数、を復習を兼ねて学習する。

 
授業計画 Course Planning
1.固体物性の基礎
2.バンド構造
3.状態密度と分布関数
4.半導体における輸送現象
5.不純物の役割
6.緩和現象
7.pn接合
8.ホール効果の原理
9.サイズ依存性
10.衝突効果
11.ボルツマン輸送方程式
12.ボルツマン輸送方程式の応用
13.ホール効果を用いたデバイス
14.復習
15.まとめ
 
授業運営 Course Management
輪講形式で学習する。必要に応じて、学生によるプレゼンテーション形式で行う。
 
評価方法 Evaluation Method
課題及びレポートにより評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜日:12:10~12:50
 
使用書 Textbook (s)
R. S. POPOVIC,Hall Effect Devices -magnetic sensors and characterization of semiconductors,IOP Publishing,1991


 
 
 
[前へ戻る]