[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人間科学特論
Advanced Human Sciences
 担当者
 Instructor
教授   斎田 真也  前学期 月曜日5時限
教授   横倉 節夫  前学期 月曜日5時限
講師   山下 昭子  前学期 月曜日5時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
心理学分野、スポーツ健康学分野及び社会学分野からなる人間科学に関する幅広い視野と、高い専門性を身につけることを到達目標とする。
 
授業内容 Course Content
心理学分野、スポーツ健康学分野及び社会学分野から人間科学を展望するオムニバス科目である。博士前期課程において人間科学に関する具体的な研究を遂行し、修士論文を完成するまでの過程の導入段階において、人間理解に対する幅広い視野を培い、高い専門性を身につけた高度職業人となるための総合的な知識基盤および方法論を獲得することができるよう、包括的な講義を行う。
 
授業計画 Course Planning
斎田真也 5回
 心理学は人の心や行動を明らかにしようとする学問であるため、その扱う問題は多彩である。心理学の諸分野を概観し、心理学の全体像を把握するとともに、他の関連学問領域との関わりについても言及する。
学修においては、各自以下の授業計画に沿った予備学修を行うと共に、各回毎のまとめを行い疑問点を次回までに準備しておくこと。
(1)人間科学と心理学 ヒトの発生から成熟に至るまでの比較行動学的特殊性
(2)心理学の諸領域と心理学的研究法
(3)脳の発達と人の行動的発達の諸相
(4)心理学の実践と応用
(5)心理学と他の専門関連領域とのかかわり

横倉節夫 5回
 本講義では、人間と社会・文化との相互作用、相互形成について社会学的視点から行う。本講義の到達目標は、人間の行為や心理・精神が社会・文化をいかに形成し、また規定されているかについて基礎的理解を得、現代における人間と社会の諸課題に対する広い視野と洞察力を深めることにある。
学修においては、各自以下の授業計画に沿った予備学修を行うと共に、各回毎のまとめを行い疑問点を次回までに準備しておくこと。
(1)人間の社会的行為と社会関係の形成
(2)自我形成と役割形成
(3)価値システムとシンボル
(4)社会諸集団と社会構造
(5)社会変動と人間

山下昭子  5回
 人間の身体活動は健康に生きるためにも重要である。健康学の分野からは、ヒトのからだを多角的な視点から捉え見識を深める。また、発育発達から現代人の健康の認識や積極的な健康の獲得など流動的な社会のなかでの健康学を考察する。
学修においては、各自以下の授業計画に沿った予備学修を行うと共に、各回毎のまとめを行い疑問点を次回までに準備しておくこと。
(1)からだの発育発達と加齢現象
(2)身体運動の科学的アプローチ
(3)予防医学からみた健康づくり
(4)ヒトの身体活動変容
(5)高齢社会における健康科学
 
授業運営 Course Management
斎田真也
 各回に資料を配付し、それに基づいて講義を行う。活発な討論を期待する。

横倉節夫
 授業計画に従って、受講生が人間と社会についてダイナミックなイメージを得やすいように具体例をあげながら進める。具体例についての受講生の意見も取り上げながら、社会学的視点、理論を提示する。

山下昭子
 講義の必要性に応じて資料を用意する。各回のテーマごとに活発な討論を行う。
 
評価方法 Evaluation Method
斎田真也 
 討論能力、レポート内容に基づき評価する。

横倉節夫
 持ち分の講義終了後、具体的現象を取り上げ、それを社会学理論から解明する課題についてのレポートの提出によって評価を行う。

山下昭子
 討論能力やレポート内容に基づき評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
斎田真也 
 25号館306室 月曜昼休み その他はメールにて日程調整を行う。

横倉節夫
 月曜日昼休み 17号館425号研究室 その他はメールで日程調整を行う。

山下昭子
 17号館―207研究室 木曜日昼休み
 
使用書 Textbook (s)
なし
参考書 Book (s) for Reference
(斎田)授業内で適宜紹介する。  (横倉)富永 健一『社会学講義』[中公新書]1995  (山下)授業の中で適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]