[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
人間科学研究法特論
Research Methods of Human Sciences
 担当者
 Instructor
教授   笠間 千浪  前学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本授業の到達目標は、人間社会を観察するさいの学問の一つである社会学的な方法や研究法の概略を理解し、自己の研究テーマ(修士論文)にどのような研究法を導入できるかについて、計画を立てることができるようにすることである。同時に学術論文の骨格を確認する。したがって、本授業は社会系の学生を対象としている。
 
授業内容 Course Content
人間科学における社会的側面へのアプローチとして代表的なものである社会学の研究法・方法論・論文構成法を論じる。参考書の必要部分を使用する。
 
授業計画 Course Planning
毎回、指摘された参考書のレジュメを作成することが予習となる。復習は授業で確認された各論点の確認となる。
1. ガイダンス: 社会学的想像力とは
2. 社会学研究と問題意識
3. 受講生の問題意識についての報告
4. 社会学における方法論的歴史(佐藤「社会学の方法」1章「よくわかる社会学史」第一部)
5. 科学的視線と方法(佐藤「社会学の方法」3章)
6. 社会学研究法の3類型:意味解釈法・統計帰納法・数理演繹法
7. 学術論文の基本構造:計画/説得/「問題と解決」の枠組み
8. 学術論文の骨格とは何か
9. 主要目的の決定
10. 中心命題について
11. 「問題と解決」の枠組み
12. リサーチ・デザインとは何か
13. 演繹主義的アプローチ(研究不足な重要仮説を検証、疑わしい有力仮説の検証、論争点の明確化、当然視されている前提の検証、文献の盲点を検討、越境型問題発見法)
14. 帰納主義的アプローチ(異例発見法、異例間ギャップ法)
15. 論文の細部の仕上げに必要なもの(中心命題の論理的説得力の増強、表現法による説得技術の行使)
 
授業運営 Course Management
少人数なので演習形式をとる。各テーマについて指定された研究法や論文構成法に関する論文を毎回予習し、レジュメを作成し、各自報告することが必要となる。
 
評価方法 Evaluation Method
予習の実行および数回の報告(50%)、自分の研究テーマに関する研究方法のレポート提出(50%)によって総合的に評価する。三回以上欠席した場合は評価の対象とならないので注意されたい。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
月曜昼休み。メールでの相談は随時。
 
使用書 Textbook (s)
佐藤俊樹『社会学の方法』[ミネルヴァ書房]2011年
川崎剛『社会科学系のための優秀論文作成術』[勁草書房]2010年

参考書 Book (s) for Reference
今田高俊『社会学研究法』[有斐閣]2000年
大谷信介編『問題意識と社会学研究』[ミネルヴァ書房]2004年

 
 
 
[前へ戻る]