[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
建築設計特論
Architectural Design
 担当者
 Instructor
教授   重村 力  前学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 コミュニティ空間の計画デザインについて理解を深めるとともに、コミュニティ空間計画に必要な諸理論を理解し、それをレポートでまとめ、プレゼンテーションする。
 企画から設計の過程と具体的な空間の実現に向かう・設計過程・建設過程を理解する。
 
授業内容 Course Content
 コミュニティの核となる公共建築施設のあり方やデザインについて、講述し、事例を紹介し、受講者諸君のワーク発表を指示し、討論を行いつつ理解を深める。自分の言葉で表現する。(引用はしっかり手続きを踏んで引用する。カットアンドペイストは認めない。)
 
授業計画 Course Planning
 サブテーマ
1. 学校計画の考え方講述
2. 同事例研究
3. 学校計画に関する事例(柳澤・香山・中村・長澤ら)解剖1
4. 学校計画に関する事例(柳澤・香山・中村・長澤ら)解剖2
5. 沖縄の地域とまちづくりについて 講述
6. 沖縄の地域とまちづくりに関連した建築事例研究
7. 脇町の地域とまちづくりに関連した建築事例研究
8. セーヌ左岸計画など まちづくり事例研究
9. 参加型計画論について 概説
10. 参加型計画論について 事例研究1 コモン ビレッジ 内島団地
11. 参加型計画論について 事例研究2 Uコート 御坊団地
12. 参加型計画論について 事例研究3 ルシアン クロール1
13. 参加型計画論について 事例研究3 ルシアン クロール2
14. 参加型計画論について 事例研究4 ペーターヒュブナー
15. まとめ
 
授業運営 Course Management
 各事例につき文献を指定し講述し、討議時間を設ける。
 
評価方法 Evaluation Method
 小レポート(40%)と最終レポート(60%)により評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 本授業日の直後研究室にて質問に応じる。
 

参考書 Book (s) for Reference
授業にて指示する。
 
 
 
[前へ戻る]