[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
地震防災工学特論
Earthquake Disaster Prevention Engineering
 担当者
 Instructor
教授   荏本 孝久  前学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 地盤と建築物の振動理論について理解を深め、建築物の耐震設計法について習得することを目標とします。
 
授業内容 Course Content
 建築物の耐震設計に関連して、建築物に作用する地震力評価の基礎となる入力地震動特性と建築物の応答特性に関する基礎的理論について講述します。
 
授業計画 Course Planning
 本講義では、以下に示す内容について講義を行います。

1.地震防災の基礎
2.地震動の特性
3.地盤震動
4.構造振動論の基礎
5.集中質量系の振動(1)
6.集中質量系の振動(2)
7.集中質量系の振動(3)
8.分布質量系の振動
9.線形振動の解析法(1)
10.線形振動の解析法(2)
11.非線形振動の解析法(1)
12.非線形振動の解析法(2)
13.地盤と地震動特性
14.応答スペクトル
15.耐震設計の理論

 以上の内容について講義を進め、建築物の振動理論について理解を深め、耐震設計などに用いる強震地震動の特性と地震時の構造物と地盤の振動に関する理論を中心に講述します。
 
授業運営 Course Management
 授業の運営は、適切なテキストにより基礎的な理解を深めるとともに、重要な内容については適宜資料を配布し、講義の内容を補完しつつ説明を加えて進めていきます。また、講義の進捗状況に合わせて、重要な要点について期間中にレポート提出(3回程度)を課します。
 
評価方法 Evaluation Method
 上記の[授業運営]に記したように、最終評価は提出されたレポート(3回程度)の評価により総合評価します。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問等については、毎回の授業終了時に受け付けますが、研究室(8-55)においても随時受け付けます。
 また、メール(enomot07@kanagawa-u. ac. jp)による質問も受け付けます。
 
使用書 Textbook (s)
未定
参考書 Book (s) for Reference
日本建築学会地震振動小委員会編『地盤振動-現象と理論-』[日本建築学会]
大崎順彦『建築振動理論』[技報堂出版]

 
 
 
[前へ戻る]