[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
計算論理学特論
Computational Logic
 担当者
 Instructor
准教授 西澤 弘毅  後学期 月曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①命題論理と述語論理について、基礎的な定義をその理由も含めて人に説明できるようになること、②命題論理と述語論理のタブロー法を使えるようになること、③非古典論理や情報科学における応用について、その例を人に説明できるようになることである。
 
授業内容 Course Content
 この講義では、下記の使用書に沿って、論理的な推論とは何か、という根本的な疑問から始め、基本的な論理学を学ぶ。盲目的に定義を覚えるのではなく、なぜそのような定義になっているのか、ということを理解したうえで論理学を使いこなせるようにする。
 後半には、論理学が今も発展し続けていることと、情報分野の応用例についても学ぶ。
 
授業計画 Course Planning
以下の内容を順に学ぶ。ただし、進捗状況により内容は前後する。13回目までは、予習として各回の該当ページをあらかじめ読んでくることを前提とする。

1 論理学とは何か
2 シンタックスとセマンティクス
3 命題論理とは
4 形式的真理とは
5 矛盾とは
6 妥当な論証とは
7 命題論理のタブロー法
8 述語論理とは
9 述語論理のタブロー法
10 述語論理のセマンティクス
11 公理系の完全性
12 直観主義論理とは、様相論理とは
13 直観主義論理と関数型プログラミング言語
14 様相論理とプログラム検証
15 総復習

 
授業運営 Course Management
 受講者は、教科書の指定された範囲をあらかじめ予習し、授業中に白板を使って説明する、という流れとなる。教員の質問に答えられない場合は、答えられるようになるまで何度でも復習が必要となる。
 
評価方法 Evaluation Method
総復習の試験100%で評価する。ただし、毎週の演習状況が良い場合、それを加味して評価を上げる場合がある。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
水曜日 12:10~13:30(6-418室)
 
使用書 Textbook (s)
戸田山 和久『論理学をつくる』[名古屋大学出版会]2000年


 
 
 
[前へ戻る]