[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
労務管理特論
Labor Administration
 担当者
 Instructor
教授   松丸 正延  前学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が①人事・労務管理に関する学問の歴史および研究の蓄積について知ること、②人事・労務管理の体系を学ぶこと、③経営管理と人事・労務管理の関係について知ることを通して、人事・労務管理の基礎理論と応用を習得することにある。


 
授業内容 Course Content
 本講義では、経営の三要素であるヒト、モノ、カネのうちのヒトに焦点を当てて講義を行う。経営を効率的に行うためには、この三要素を有機的に結合・融合させて経営効果が上がるように運用および管理することが望まれている。この三要素をもっと絞れば、最終的には、ヒトを如何に効果的に用いるかということに帰着する。ヒトに注目すれば、企業組織では、経営者と従業員が相当する。本講義では、経営者個人に焦点を当てるのでなく、従業員を中心とした企業組織ないし、従業員個人に焦点を当てる。言うまでもなく、経営活動は個人及び組織の力によって、合理的に運用される必要がある。経営者は従業員の能力を最高度に発揮させ、これを正しく運用してこそ、効率のよい企業経営が出来るのであり、ここに人事・労務管理の重要性が存在する。本講義では、人事・労務管理の体系から、現在における人事・労務管理の具体的課題まで、広く人事・労務管理を学習し、理解することを授業目的とする。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は一応次のように予定しているが、時間の都合で若干前後する場合もある。人事・労務管理の全般的知識を習得するために、以下の授業スケジュールに従った講義を行う。
1.人事・労務管理の体系
2. 人事・労務管理の発達
3. 人事・労務管理の主要学説
4.雇用管理
5.職務分析
6.人事管理
7.賃金管理
8.従業員教育
9. 従業員能力開発
10.職場の安全管理
11.人間関係
12.労働意欲管理
13.労務監査
14.労使関係管理
15.人事・労務管理の具体的課題

 
授業運営 Course Management
担当教員による講義を中心に進める。また講義内容についての質疑応答と意見交換を行う。参考書の「人事・労務管理論、基本経営学全集第3巻」を中心として講義を行うので、この参考書で事前に知識を得ておくことが望ましい。必要に応じてプリントを配布する。
 
評価方法 Evaluation Method
本講義で紹介する労務管理に関する最近の研究についての討議、および授業への参加状況、レポート等で総合的に評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
研究室在室時随時。 なお、質問は講義後にも受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
なし(プリントを配布する)
参考書 Book (s) for Reference
車戸實編『人事・労務管理論、基本経営学全集第3巻』[八千代出版]1988

 
 
 
[前へ戻る]