[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
日本芸能論A
Japanese Performing Arts Theory A
 担当者
 Instructor
教授   日 昭二  後学期 月曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①日本の伝統芸能についての概要を把握すること、②芸能の近代化とは何かを学ぶこと、等々を通じて、日本の芸能の基本的な性格を身につけられることである。
 
授業内容 Course Content
 日本の伝統芸能(文楽・歌舞伎・能・狂言など)と大衆芸能(講談・落語・漫才など)の世界を、レコード、ビデオ、CDなどの録音・映像媒体をつかって、鑑賞し批評する。そのなかで、いわゆる「芸能近代化」の歴史的な実像をしっかり把握していく。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は、一応次のように予定しているが、時間の関係で前後することがある。予習としては、各種芸能についての関心を高め資料を収集しておくこと、復習としては、講義時に示した概要とビデオなどの実際がどのように関係づけられているかを確認しておくことを勧める。
1 ガイダンス/日本芸能の近代
 日本の芸能とはなにか、それに接近する方法とはなにかについて講義する。
2 「文楽」入門および鑑賞
 文楽の概要を知ったうえで、演者によるビデオを鑑賞する。
3 「歌舞伎」入門および鑑賞
 歌舞伎の概要を知ったうえで、演者によるビデオ「義経千本桜」などを鑑賞する。
4 「能」入門と鑑賞
 能の概要を知ったうえで、演者によるビデオ「羽衣」などを鑑賞する。
5 「狂言」入門および鑑賞
 狂言の概要を知ったうえで、演者によるビデオ「棒縛り」などを鑑賞する。
6 伝統芸能の近代とはなにかを講義
 文楽、歌舞伎、能・狂言をふりかえり、その近代化の実際を考える。
7 小テストおよび解説
 伝統芸能のあらましをふまえ、それがなぜ「伝統」と呼びうるのかを確認するため小テストを行い、そのポイントを解説する。
8 大衆芸能とはなにかを講義する。
 大衆芸能の歴史およびその範囲について考える。
9 「漫才」入門および鑑賞
 漫才の歴史をたどり、その実際をビデオで鑑賞する。
10 「落語」入門および鑑賞
 落語の歴史をたどり、その実際をビデオで鑑賞する。
11 「活動写真」入門および鑑賞
 映画のもとになった活動写真の歴史をたどり、ビデオ「東京行進曲」を鑑賞する。
12 「近代劇」とはなにか
 西洋演劇の輸入としての近代劇のあらましをたどり、その近代性のありかを考える。
13 「彼らの忠臣蔵」とはなにか。
 日本の伝統芸能の代表作である「忠臣蔵」について、西洋人が演じた戯曲をたどる。
14 臨時試験および解説
 伝統芸能と大衆芸能についての試験を行い、そのポイントを解説する。
15 芸能の近代化とはなにか
 授業のまとめをかねて講義する。
 
授業運営 Course Management
 すべて講義形式とする。芸能の知識を得るには、できるだけ多く鑑賞することが必要である。ビデオなどを交えて講義するので、しっかりノートを取ることを義務付ける。私語厳禁。なお、受講生が、この授業のあいまに、劇場や映画館に足を運ぶことを勧める。
 
評価方法 Evaluation Method
 小テスト20%、臨時試験80%で評価する。なお出席状況は評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 火曜日12時30分~12時50分。17号館418研究室。

 
使用書 Textbook (s)
 プリントなどを配布。
参考書 Book (s) for Reference
 その都度指示する。
 
 
 
[前へ戻る]