[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
意味論
Semantics
 担当者
 Instructor
助教   相原 昌彦  前学期 木曜日3時限
  後学期 木曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
1. 言葉の意味を研究する際に必要な数学的、論理学的道具立てを理解できる。
2. 1で身につけた道具立てを実際の言語分析に利用できる。
3. 英語または日本語の意味に関する問題について、自分なりの疑問を持ち、考察することが出来る。
 
授業内容 Course Content
1年次の英語学概論では自然言語(人間言語)の統語、形態、意味、音声について広く知識を深めてきた。本授業ではこれらの自然言語の備えるシステムのうち、特に「意味」について考察を深める。文とは特定の意味を持つ単語を組み合わせて成り立つものである。従って、それぞれの単語の意味をどの様に組み合わせ、最終的に文としての意味を得ることが出来るかを理解するために、「単語の意味」「複数の単語間に存在する意味のネットワーク」「集合」「命題論理」「述語論理」等の基本的な考え方を学ぶ。
 
授業計画 Course Planning
1: General Introduction

[Week 2-4: Set Theory]
2: Basic Concept of Set Theory
3: Relations and Functions
4: Properties of Relations

[Week 5-10: Logic and Formal Systems]
5. Basic Concept of Logic and Formal Systems
6. Propositional Logic (Truth values and truth tables)
7. Propositional Logic (Tautologies, contradictions and contingencies)
8. Summary of Week1-7 & Midterm Exam
9. Predicate Logic (Truth values and truth tables)
10. Predicate Logic (Quantifier)

[Week 11-15: Application of Semantic Concepts]
11. Quantifiers
12. Sense Relations
13. Referring Expressions
14. Conversational Implicature
15. Summary of Week9-14 & Final Exam
 
授業運営 Course Management
パワーポイントスライドを用いた講義形式の授業となる。講義形式ではあるが、科目の性質上、知識の定着をはかるための授業内演習問題を数多く解くことになる為、毎回の授業への出席は必須である。購入が必須となる教科書はないが、授業内で適宜参考図書を紹介する。

宿題の指示、スライドの掲示、レポートの提出などは.Campusを通じて行うため、.Campusの使い方に慣れておくこと。
 
評価方法 Evaluation Method
以下の項目を元に評価をする。

1. 演習・小テスト 30%
2. 中間・期末試験 各30%(8回目15回目の授業で実施する)
3. 授業への積極的な参加(発言等)10%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜日・木曜日:12:10-12:50
上記時間に都合が合わない場合は個別にアポイントメントで対応する。
 

参考書 Book (s) for Reference
Partee, Meulen and Wall,Mathematical Methods in Linguistics,Kluwer Academic Publishers,1990
Ronnie Cann,Formal Semantics: An Introduction,Cambridge University Press,(Cambridge Textbook in Linguistics),1993

 
 
 
[前へ戻る]