[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
情報ネットワーク
Information Network
 担当者
 Instructor
教授   木下 宏揚  後学期 木曜日1時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
学生は,オペレーティングシステムとTCP/IPの基礎的な仕組みを身に付けることによって、ネットワークアプリケーションのプログラミングやネットワークの構築と管理を行うことができる技術者になるための基礎を身に付ける。
 
授業内容 Course Content
 情報システムの構成要素として重要なオペレーティングシステム、ネットワーク、データベースなどを扱う。BSD系のUNIXを題材としてオペレーティングシステム(OS)およびインターネットのメカニズムについて学習する。OSはコンピュータを動かすための最も基本的なソフトウェアである。UNIXはソースプログラムが公開されている場合が多くOSを学習するのに適している。インターネットはBSD系のUNIX上で開発されてきたため、両者を関連付けて学習することが大切である。また、電気、電子、情報、通信の全分野にわたる専門科目を幅広く学び、電気電子情報工学の急速な技術進歩に適応できる人材育成を目指すことが目的である。
 
授業計画 Course Planning
 1.計算機のハードウェアの概略、ハードウェアの知識
 2.オペレーティングシステムの必要性
 3.誰にデータの書き込みを許可するかということを決定するアクセス制御のメカニズム
 4.プロセス制御、現在のオペレーティングシステムの複数のプログラムを同時に実行させるためのメカニズム
 5.メモリ管理、複数のプログラムが同時に実行されている場合にメモリをどのように割り当てるかというメカニズム
 6.ファイルシステム、情報を蓄積するファイルとディレクトリのメカニズム
 7.ネットワークの基礎
 8.ネットワークアクセス層 ローカルエリアネットワークで普及しているEthernetの基礎
 9.TCP/IP、インターネットのプロトコル(通信規約)の基礎となるTransmission Control Protocol, User Datagram Protocol, Internet Protocol, Ethernet Protocol
10.アドレス解決、www.kanagawa-u.ac.jp といったドメイン名とIPアドレスの関係と、相互にこれらを変換する分散データベースシステムであるDNS
11.経路制御、インターネット上で目的地までどのような経路でデータを送り届けるかを決定する経路制御
12.ファイアウォール、インターネット上のセキュリティを確保するために必要不可欠になってきているファイアウォールのメカニズム
13.データベースシステム、World Wide Webやディレクトリサービスなどを含むデータベースシステム
14.情報検索、DNS, WWW, LDAPなどを通した情報検索の基礎と応用
15.全体のまとめを行い復習を行う。
 
授業運営 Course Management
 プロジェクターを用いた説明の間に、UNIXの画面を投影して実例を示しながら講義することにより理解度を深める。Software DesignなどのUNIX系の雑誌の購読を勧める。
 また、自宅のパソコンにFreeBSDやLinuxなどのPC UNIXをインストールして利用すると実力がつく。
 
評価方法 Evaluation Method
 OSの動作原理やInternetでパケットが配送される仕組みを理解しネットワークの専門家としての基礎知識を習得することが重要である。
 評価は、定期試験または臨時試験で行い、UNIXの特徴、階層ファイルシステム、TCP/IPで用いるプロトコル、サブネットのIPアドレスの計算法、ネットワークを構成する機器、経路制御の原理が理解できていれば合格できる。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 木曜日 11:00~17:00 居室23-626 研究室23-623。
 kino@kanagawa-u.ac.jp
 
使用書 Textbook (s)
 木下宏揚『情報処理工学』[コロナ社]

参考書 Book (s) for Reference
 中村、相田、計、小池訳『UNIX4.3BSDの設計と実装』[丸善]

 
 
 
[前へ戻る]