[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
機器分析
Instrumental Analysis 
 担当者
 Instructor
教授   佐藤 憲一  後学期 水曜日1時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は物質生命化学科の学習・教育目標に明記された能力Eを身に付けられることである。機器分析は分子の構造と性質を解明するうえで最も有効な基本的手段となる。
 これらの専門知識を習得することにより、受講生が化学に関する実験技術、構造解析技術、およびそれらを問題解決に利用できる能力を身に付けられる。
 
授業内容 Course Content
 この授業では直接目で見ることが出来ない分子構造を間接的であるが比較的手軽に知ることが出来る分析手段について判り易く説明する。
 最も有効な手段としてしばしば利用される紫外線吸収スペクトル、赤外線吸収スペクトル、核磁気共鳴吸収スペクトル、さらに絶対構造決定に有効な円偏光二色性スペクトル、旋光分散スペクトルについて講義する。
 
授業計画 Course Planning
 各階の講義内容は一応次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。予習・復習が前提の講義なので、使用書の各回の項目について自習すること。
1. ガイダンス(シラバスの記載事項の確認)/機器による有機化合物の構造決定
2. 赤外線(IR)吸収スペクトルによる構造決定
  (1)IRスペクトルの理論
  (2)分子の振動とIRスペクトル
  (3)官能基とIRスペクトルとの関連性
  (4)吸収波長のずれと分子構造
3. 紫外線(UV)吸収スペクトルによる構造決定
  (1)電子遷移とUVスペクトルとの関連性
  (2)孤立発色団とUVスペクトル
  (3)UVスペクトルと溶媒効果
4. 核磁気共鳴吸収スペクトル
  (1)磁場におかれた核磁気(理論)
  (2)化学シフト
  (3)スピン結合定数
  (4)シグナルの分裂
5. 旋光分散(ORD)および円偏光二色性(CD)スペクトル
  (1)コットン効果
  (2)オクタント則とキラリティー
6. 本講義を総括し理解度を深める
 
授業運営 Course Management
 授業のはじめに前回の授業内容で理解出来なかった点に関する質問に応じるのでよく復習すること。
 また、理解度を深めるために区切りの良いところまでの内容について小テストまたはレポートを課す。課題の解答のポイントを次回に説明する。
 
評価方法 Evaluation Method
 定期試験80%、小テストとレポート20%として評価する。講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 火、木、土曜の昼休み時間帯。(研究室23-727)
 
使用書 Textbook (s)
泉、小川、加藤、塩川、芝監修『機器分析のてびき』第二版[化学同人]

参考書 Book (s) for Reference
荒木、益子共訳『有機化合物のスペクトルによる同定法』[東京化学同人]

 
 
 
[前へ戻る]