[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
国際ビジネス論
International Business
 担当者
 Instructor
准教授 山本 崇雄  前学期 火曜日2時限/火曜日5時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、履修生が、①国際ビジネスの基礎について、理論面・実践面双方の観点から体系的に理解すること、②企業(特に日本企業)がグローバル化に直面している現状と課題を把握すること、③さまざまな視角からの「ものの見方・考え方」を養うことで、国際的視野を広げることです。
 
授業内容 Course Content
 国際ビジネス論が扱う分野は非常に広範囲にまたがりますが、本講義では国際経営論の視角から、企業の国際化に伴って生じる課題、およびそのマネジメントについて論じていきます。 

 「企業の国際化、グローバル化」という現象はますます活発化しており、今日の企業経営はもはや海外展開ぬきには考えられなくなっています。さまざまな技術革新、各国における規制緩和、新興国の発展などによって、経営資源(モノ・カネ・ヒト・情報)が容易に国境を超えるようになったためです。その結果、企業は、マーケティング、人的資源管理(HRM)、研究開発(R&D)などの活動を海外でも積極的に行うようになっています。また、そうした活動を実行する組織づくり、戦略策定が求められています。

 本講義では、多国籍企業がこうした活動をどのようにマネジメントしているのかに焦点をあてます。そこでは実際のケースを用いながら、企業の国際化・グローバル化に際して直面するマネジメントについて、主として機能・職能(function)ごとに論じます。
 
授業計画 Course Planning
 予習については、①参考書(講義時にも適宜紹介する)で該当する章を読み、不明な専門用語を調べたり、②日頃から新聞・ビジネス誌などで関連記事を読んでおくことが望まれます。復習については、講義で取り上げたテーマについて、自らが関心ある業界・企業でどのような動向が見られるか調べると、より理解が深まるでしょう。なお以下の計画は、履修者の理解状況によって、回数が増減される場合もあります。また、企業の実務家の方をゲスト・スピーカーとしてお招きし、以下の項目と関連する内容について議論する場合もあります(その場合は、追ってお知らせします)。

1 イントロダクション(講義の概要、進め方やシラバスの記載事項について確認する)
2 国際ビジネス、多国籍企業と海外直接投資①:多国籍企業と海外直接投資とは
3 国際ビジネス、多国籍企業と海外直接投資②:多国籍企業の外部環境と直接投資の誘因
4 グローバル競争戦略①:初期の戦略論
5 グローバル競争戦略②:近年の戦略論
6 グローバル・マーケティング①:グローバル・マーケティングの概要
7 グローバル・マーケティング②:海外市場参入方式とそのマネジメント
8 中間テストおよび解説/質疑応答
9 新興国市場(BOP)のマネジメント:新興国発のリバース・イノベーションについて
10 新興国市場(BOP)のマネジメント:ケーススタディ
11 研究開発のマネジメント
12 国境を越えた知識マネジメント
13 組織マネジメント①初期のMNEの組織論:ヒエラルキー・モデル
14 組織マネジメント②近年のMNEの組織論:ネットワーク・モデル
15 まとめ/質疑応答
 
授業運営 Course Management
講義では、配付するプリント、VTR教材を用います。主として講義形式で行うが、講義中にエクササイズを課すことがあります。エクササイズでは、受講生に考えて回答してもらいながら、講義を進めます。なお、受講生に迷惑がかかる行為は厳禁であり、退室を命じる場合もあります。
 
評価方法 Evaluation Method
 平常点(講義時に書いてもらうエクササイズへの回答・質問や、積極的な発言などによる講義への貢献)30%、中間テスト30%、定期試験(論述式)40%。なお、エクササイズは知識を問うものではなく、受講生に考えてもらう課題(講義を聴いていれば、回答できる課題)です。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 火曜日昼休み 研究室(1-506)にて
 

参考書 Book (s) for Reference
江夏 健一、 桑名 義晴 編著『理論とケースで学ぶ国際ビジネス』三訂版[同文館出版]2012年
江夏健一・太田正孝・藤井健(編)『国際ビジネス入門(第2版)』[中央経済社(シリーズ国際ビジネス1)]2013年

 
 
 
[前へ戻る]