[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
社会生活とスポーツ
- ー健康の美学ー -
Social Life and Sports 
 担当者
 Instructor
講師   山下 昭子  後学期 木曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が①自己のからだについて認識を深める②健康の三要素(運動・栄養・休養)について科学的法則、原則の視点から学ぶ③からだのメカニズムなどを理解することで、それらを自分自身の生活にフィードバックさせる。常に学びを自分におきかえて考え、現代人として健全で豊かな社会人としての生涯健康生活設計を各自が描くことができる力を身につける。
 
授業内容 Course Content
 この講義では、健康について生理学的知見による科学的根拠を多く示す。医療領域は治療医学から予防医学へと移行していく考えを知る。健康の自己管理の重要性を深く理解し常に理論を実践に繋げながら講義する。
 
授業計画 Course Planning
 授業計画の内容については、改めて詳細なテーマをガイダンス時に配布する。各自が関心のあるテーマを常に予習可能にして、レポート提出させる。学部・学科・学年を超えた(教養科目)授業でのグループディスカッションは、一つのテーマで学生が相互に啓発される機会とする。
1. ガイダンス
  バランス人間 “ A sound mind in a sound body”(こころ・からだ・社会)の視点から概観を説明する
2. グループディスカッションの実践において各グループ発表などを行い、学生相互の啓発をねらう
3. 健康を創造する:①健康をつくる運動・栄養・休養の理論と実践の相互理解を考える
4. 健康を創造する:②健康をつくる栄養の4群方式を理解させ、自己の食生活の自己点検を行う
5. 健康を創造する:③健康づくりのための運動「からだのメカニズム」を知る
6. トレーニングの科学的法則・オーバーロードの原則 ・ルー(Roux)の法則を学ぶ
7. 運動処方カルボーネンの目標心拍数(THR)、体格指数(BMI)を学び各自の値を算出する(実践)
8. 人間の体力の諸要素:体力の身体的要素、精神的要素を学び、スポーツの理論と実践の関係を理解させる
9. 生活習慣病:子どもから高齢者までの生活習慣の実態を検証し、生活習慣病を多角的視点から掘り下げ熟考する
10. 健康を創造する:④健康をつくる休養「積極的休養、消極的休養の取り方」から欧米諸国と日本を比較し議論する
11. 「疲労」と「過労」:疲労の種類と社会の現状を知る
12. AIDS、HIVと危険ドラックの正しい知識、事例、海外の実態、日本の実態を知ることで身近な問題として考える
13.健康づくりの創意工夫:「生涯健康生活設計」をPDCAサイクルから提案する
14. 健康づくりは世界の流れ:欧米諸国の政策を学び「健康日本21の政策」の検証と今後の課題を考える
15.まとめ 到達目標を踏まえ自己点検評価を行う
 
授業運営 Course Management
 講義では、パワーポイントを主とし随時講義資料を配布する。
 授業中の私語、携帯、受講態度等のマナーを厳守する。
 
評価方法 Evaluation Method
 評価は、定期試験、毎授業時のコメントシートやレポート提出、
具体的には定期試験60% レポート20% 授業中のコメントシート20%とする。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
 水曜日3限の講義終了後
 
使用書 Textbook (s)
共著『スポーツアナトミー』[丸善出版株式会社]
 授業中に資料を配布する。
参考書 Book (s) for Reference
山下 昭子『心と体の健康づくり』[中央労働災害防止協会]
樋口 聡『スポーツの美学』[不昧堂]
『九州大学健康センター「健康の科学」』[学術図書]
 授業中に適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]