[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
中国歴史概説B
Outline of Chinese History B
 担当者
 Instructor
准教授 中村 みどり  後学期 木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
この授業では、「中国」(中国大陸、香港、台湾)の近現代史の概要を学ぶと同時に、日本とは異なる歴史的空間・価値観を有する隣国「中国」の姿を理解する。


 
授業内容 Course Content
教科書、レジュメをもとに「中国」の近現代史を概観し、特に1930年代半ばの日中戦争前夜から今日までの時期を対象とする。適宜、文献資料と映像を用いて各時代の歴史的事件について学び、また事件が及ぼした社会・文化的影響および歴史の渦中に生きた人々の意識の変遷にも目を向ける。
 
授業計画 Course Planning
大河のような歴史の流れを理解するため、授業で学んだ内容はしっかりと覚え、その上で次の授業に出席し、徐々に視野を広げることを求める。課題の作成には、時間をかけて臨んでほしい。

 第1回:授業に関するガイダンス、アンケート回収
 第2回:今日の中国社会
 第3回:戦争の時代(1)日中全面戦争と抗日運動
 第4回:戦争の時代(2)「淪陥区」の文化人
 第5回:戦争の時代(3)満州国の映画政策
 第6回:イデオロギーの対立(1)日本人の残留と帰国
 第7回:イデオロギーの対立(2)国共内戦
 第8回:課題発表とまとめ
 第9回:多様な中国(1)戦後台湾の道のり
 第10回:多様な中国(2)戦後香港の道のり
 第11回:社会主義の行方(1)ユートピアの建設
 第12回:社会主義の行方(2)文化大革命と混乱
 第13回:改革開放後(1)市場経済導入と南巡講話
 第14回:改革開放後(2)経済成長と新たな問題
 第15回:期末試験と解説

 
授業運営 Course Management
教科書の他、配布するレジュメをもとに授業を進める。毎回授業の最後にミニレポートを提出してもらう。また歴史関連の書籍や映像を取り上げる課題は、履修者の数に応じてペア或いはグループワークなどで行う。

 
評価方法 Evaluation Method
 ミニレポート(30%)、課題発表(30%)、期末試験(40%)
 ※授業の1/3以上を欠席した者は、その時点で評価対象外となるので注意すること。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
 曜日・時間:月曜日18時~、場所:中村研究室












 
使用書 Textbook (s)
中国モダニズム研究会『中国現代文化14講』[関西学院大学出版会]2014年

参考書 Book (s) for Reference
小島朋之『中国現代史』[中公新書]1999年

 
 
 
[前へ戻る]