[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
児童英語教育
English Education for Children 
 担当者
 Instructor
教授   橋 一幸  前学期 火曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本授業は、教職課程履修者(小学校教諭/中高の英語科教諭志望者)を主たる対象として、以下の目標達成のために計画的に指導を進めるが、民間での児童英語教育に関心ある学生も受け入れる
①小学校「外国語活動」必修化の経緯と『学習指導要領』における教育課程上の位置づけを知るとともに、小学校英語教科化を展望する。
②公立・私立小学校における英語活動・外国語活動の指導実践をDVDで視聴し、指導の実際を知る。
③児童の発達段階に応じた英語指導の理論と方法を知り、グループで活動を考案し模擬授業を体験する。
 なお、後期開講の「児童英語教育Ⅱ」を履修するには、本授業の単位修得を要件とする

 
授業内容 Course Content
 2011年度より実施された小学校新教育課程では「外国語活動」が高学年で週1時間必修化され、2020年度実施の時期教育課程では、「外国語活動」が中学年に下ろされ、高学年では必修教科としての英語が週3時間実施される予定である。これについて学ぶことは、民間の児童英語教師や小学校教諭をめざす者に限らず、中高の英語教員志望者にも今後必須の事項であり、特に小学校教員免許、中高の英語教員免許取得をめざす学生には教育実習参加前の3年次での履修を勧める。Ⅰでは、次の指導計画に沿って、小学校における外国語教育への正しい理解を促す。
 
授業計画 Course Planning
 上記の目標を達成すべく、次の内容について講義、討議、演習等を行なう。以下の〔  〕内には、文科省「学習指導要領」を読む、活動の立案などの事前予習課題、テキストの関連する章を読む復習課題等の次時への課題を示す。
1.オリエンテーション、チャンツ(毎時継続)、討論「小学校英語に対する賛否」
2.小学校「英語活動」導入の経緯と理念、現状
3.英語活動・調べ学習・交流活動を統合した活動、小学校英語必修化の背景、公立小1年生の授業(DVD視聴)〔使用書1章pp.1-12, 3章4. pp.60-70, 及び資料pp.295~297『小学校学習指導要領』を読む〕
4.小学校学習指導要領の改訂と「外国語活動」の必修化〔使用書3章1. pp.36-44 及び「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を読む〕
5.子どもの言語習得の適性と特性―小学生の発達段階と指導法、「態度」の育成と「技能」の育成〔使用書2章pp.13-35を読む〕
6.私立小学校の先進的実践から学ぶ(DVD視聴)
7.指導者の教室英語トレーニング
8.指導形態と担任・ALT・サポーターの役割〔使用書9章pp.218-233を読む〕
9.授業設計の実際―活動への「レディネス」を作る
10.グループで活動を設計しよう②―中学年「買い物ごっこ」
11.グループで活動を設計しよう③―模擬授業演習と分析、期末試験の予告
12.グループで授業を設計しよう④―模擬授業演習と分析、すぐれた実践事例の紹介
13.レディネスを踏まえた小学校2年生の授業(DVD視聴と分析討議)
14.チャンツの効用とSpoken Englishにおける音変化のまとめ
15.期末試験、講座のまとめ、夏休みの課題(小学生の指導法に関する使用書3章2,3, 及び4~8章のBook report)、後期「児童英語教育Ⅱ」の予告
 (より詳細なシラバスは、授業時に配布する。)
*学外の小学校英語教育研究会や発表会なども適宜紹介し、現場の実践から学ぶ機会も提供する。

 
授業運営 Course Management
 理由なき欠席遅刻は厳禁し、授業への主体的・積極的な参加を求める。毎時間資料を配布するので、整理用にA4サイズのクリア・ファイル等を用意すること。子どもを指導する教員には強い責任感と自覚が要求される。学生から指導者への意識の転換を図ることも本授業の目的のひとつである。
 
評価方法 Evaluation Method
 授業中の討議への積極的参加、指導立案・授業演習への取り組みの姿勢とその成果30%、期末試験70%
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 火・水・金曜日の昼休み、または、火曜日3限の授業終了後、20-413髙橋研究室。
 
使用書 Textbook (s)
樋口忠彦・大城賢・國方太司・髙橋一幸(編著)『小学校英語教育の展開―よりよい英語活動への提言』[研究社]2010年

参考書 Book (s) for Reference
樋口忠彦・加賀田哲也・泉惠美子・衣笠智子(編著)『小学校英語教育法』[研究社]2013年
*その他、参考図書は必要に応じて適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]