[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
犯罪心理学
Criminal Psychology
 担当者
 Instructor
教授   市井 眞知子  前学期 金曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、①犯罪・非行は、その時代の世相を反映していることを理解する、②犯罪・非行の類型別事件では、手口や心理的特徴を把握する、③犯罪・非行の背景要因を検討する、④警察段階の補導や逮捕から始まって改善更生までの道程で、各関係機関とのかかわりや処遇方策などを見ていく、⑤様々な情報や誘惑が氾濫する昨今、逸脱行為に巻き込まれないための自衛策や対処法を考えることなどである。
 
授業内容 Course Content
 この講義では、臨床心理学や社会心理学の立場から犯罪・非行の現象や行為を、または、犯罪者・非行少年の心理的特徴を解明することをねらいとし、さらに改善更生を図るための処遇の実情を把握する。犯罪心理学を学ぶ上で重要となる犯罪・非行の時代的な推移と司法制度等についても触れる。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は以下のとおりであるが、タイムリーな犯罪・非行を取り上げ、また、外部講師を招聘する予定もあるので、授業日程を若干前後することがある。
予習として、①資料を事前に目を通しておく、②前回予告・指示したことを調べておく、③参考文献で該当箇所を調べるなどを行う。復習は、配布した資料を整理して保存し、内容を確実に理解しておく。

1 ガイダンス、犯罪心理学の学び方
   犯罪心理学とはどういう学問か、そして、犯罪理論について触れ、アプローチの仕方によって犯罪・非行についての切り口が異なることを確認する。
2 統計からみた犯罪・非行の特徴
統計面から犯罪・非行の推移や動向を見ることにより、それぞれの時代が社会的な世相を反映していることを実感する。
3 少年法等の法令
少年非行を理解する上で、少年法の理念と手続き等を学ぶ。
4 犯罪・非行の類型別特徴(1)
財産犯・粗暴犯についての手口と犯行の背景要因、さらに心理的特徴を学ぶ。
5 犯罪・非行の類型別特徴(2)
殺人・放火等に及んだ性格特徴や背景要因を学ぶ。
1~5までの講義内容で課題を指定するので、レポート(1)を作成し、第7回講義時に提出する。
6 犯罪・非行の類型別特徴(3)
性犯罪・薬物犯等に及んだ性格特徴や背景要因を学ぶ。
7 犯罪・非行の類型別特徴(4)
最近話題となっているストーカー犯罪・その他の犯罪を取り上げ、その性格特徴や背景要因を学ぶ。
レポート(1)を提出。
8 犯罪心理学におけるアセスメント(1)
少年鑑別所におけるアセスメントの流れを概括する。
面接所見に加えて心理テストや行動観察、さらに、家庭・学校・職場等の社会的情報等の収集の意義について考える。
レポート(1)の解説をする。
9 犯罪心理学におけるアセスメント(2)
発達障害や精神障害等の精神医学的要因を把握する。
6~9までの講義内容で課題を指定するので、レポート(2)を作成し、第11回講義時に提出する。
10 犯罪心理学におけるアセスメント(3)
情報収集によって導き出された非行少年の特徴を浮き彫りにし、効果的な処遇の検討を行う。
11 少年院における処遇
少年院の種別を学び、処遇の実情を知る。
レポート(2)を提出。
12 刑事施設における処遇
刑事施設での改善指導の実情を知る。
レポート(2)の解説を行う。
13 社会内処遇
保護観察の取り組みを知る。
14 臨時試験(成績評価対象)
15 外部講師による講演、臨時試験についての解説とまとめ・質疑応答
  犯罪・非行関係の第一線で活躍している専門家を招へいし、最近話題となっている犯罪・非行の現状を知り、また、生の事例に触れる機会とする。

 
授業運営 Course Management
配布資料に基づいて講義を中心に行い、随時動画等を取り入れる予定である。また、非行少年の物のとらえ方や態度・行動について記載した仮想事例を紹介し、学生各自がそれらについて検討することも考えている。レポートの課題は、授業で使用した資料の内容をさらに深めることがねらいであり、犯罪・非行に対しての論理的な考察ができるようしていきたい。各自の発想を大切にしたいので、レポート提出後の解説では、皆がどのようなとらえ方をしたかに重点を置き、発想の共有を図るようにする。なおリアクションカードを用いて、授業の振り返りを適宜行うことも考えている。
資料は「dot-campus」に毎週事前に掲載するので、あらかじめダウンロードして準備し、授業に臨むことが不可欠である。なお、当然のことであるが、講義中の私語及び無用な出入りは禁止する。また、携帯電話等の電源は切ること。

 
評価方法 Evaluation Method
成績評価基準は、第14回に行う臨時試験の成績を80%、レポートを20%とする。試験では専門用語の説明や事例の考察などで択一式と記述式がある。なお試験時は、資料やノートの持ち込みを可とする。
以上を総合して、出題の意図を汲み取って適切な説明や論理的考察ができていれば、基本点の60点とし、さらに豊富な情報を基に理論的な根拠を踏まえた考察を述べている場合は加点する。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
木曜日 12:00~13:00、14:30~15:30、金曜日 12:00~13:00の時間に研究室(17-204)へ。
授業終了後の質問も受け付ける。

 

参考書 Book (s) for Reference
安香宏『『犯罪心理学への招待』』[(サイエンス社)]2008
越智啓太『『犯罪心理学』』[(サイエンス社)]2012
『『犯罪白書』』[法務総合研究所]2014
その他適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]