[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
建築都市防災
Disaster Prevention Engineering 
 担当者
 Instructor
教授   荏本 孝久  前学期 火曜日3時限
 単 位
 Credit
2

学習の教育目標 Educational Targets for Learning
建築:B、C、D
 
到達目標 Target to be Reached
単体としての建築物とその集合体である都市を地震の被害から守り、人的・物的被災を軽減するための防災・減災の考え方とその方法を工学的な視点から理解することを目標とします。
 
授業内容 Course Content
 日本列島は、世界的にも地震、台風、洪水、火山噴火など自然災害の頻度が極めて高い場所に位置しています。私達の生活基盤となる都市はそのような厳しい自然環境の中で発展を遂げてきました。しかし、都市の急速な発展は、自然災害のみならず埋立地や造成地などの人工改変地域における地盤沈下や斜面崩壊、密集市街地の都市大火や危険物の爆発・漏洩さらには集中豪雨等による洪水など多くの都市災害に見舞われる可能性を内包しています。本講義では、主として地震災害がもつ性質と特徴、地震災害から建築物や地域・都市を構成する建築環境を守るための建築・都市防災に関わる基礎的な考え方や仕組みについて講義します。
 
授業計画 Course Planning
 下記の順に講義を進めます。

1.ガイダンス/耐震設計と地震防災の基本
2.地震の発生メカニズム
3.過去の地震災害
4.地震動の性質
5.地盤と地震動の特性
6.地盤の地震応答
7.地盤の卓越周期と増幅率
8.建築物の地震応答
9.建築物の固有周期
10.耐震設計の考え方(1)
11.耐震設計の考え方(2)
12.建築物の地震被害と防災
13.都市の地震災害と防災
14.防災関連の法令
15.建築・都市の防災システム

 
授業運営 Course Management
 講義はテキストを中心に進め、関連する資料は適宜配布します。また、関連する地震災害の様相などについては写真や映像を用いて講義をします。
 
評価方法 Evaluation Method
本講義期間中に出題するレポート(3回予定)と期末の定期試験によって成績を評価します。最終評価の比率は、レポート評価:40%、期末試験:60%の比率で評価します。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問などは毎回講義の終了後に受け付けます。その他の時間は研究室(荏本:8-55室)を訪ねて下さい。
 
使用書 Textbook (s)
小野徹郎編著『地震と建築防災工学』[理工図書]

参考書 Book (s) for Reference
大崎順彦『新・地震動のスペクトル解析入門』[鹿島出版会]

 
 
 
[前へ戻る]