[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
英語学概論
Introduction to English Linguistics
 担当者
 Instructor
助教   相原 昌彦  後学期 火曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 英語の様々な言語事実を考察し、音声・音韻・語形成・文の構造・意味・使用・獲得・多様性などについて理解を深める。また、「言語の一つとしての英語」を自ら観察、検討し、記述する視点を養う。
 言語学の初歩と言語資料の分析方法を学ぶ事により、英語学、言語学、英語教育などの分野での研究、実践に向けた基礎作りをする。

 
授業内容 Course Content
 人間の言語能力とは何かという問いに答えようと試みる言語学の中で、言語資料として英語を中心として研究するものが英語学と呼ばれる。英語学概論では、我々が「母語を知っている」と言う時、具体的には何を知っているのかを考え、人間が母語を習得し、それを操る能力を持っているという一見当たり前の現象の背後には、驚くほど複雑で精緻なシステムがあるということを英語のしくみを観察、分析する事を通して学ぶ。
 
授業計画 Course Planning
1. 言語能力とはなにか? 英語学・言語学とはどのような学問か?
2. 音声学・音韻論 (1): 英語の母音と子音 ch.1 §1, 2, 3
3. 音声学・音韻論 (2): 音節とモーラ、アクセント ch.1 §4, 5
4. 音声学・音韻論 (3): 文アクセント、イントネーション、リズムch.1 §6, 7
5. 形態論 (1): 形態論の研究内容、屈折形態論と派生形態論ch.2 §1, 2
6. 形態論 (2): その他の語形成、派生と複合に課される一般的な条件 ch.2 §3, 4
7. 形態論 (3): 複合名詞の意味 ch.2 §5
8. 中間試験:音声学・音韻論、形態論
9. 統語論(生成文法)(1): 句構造、名詞句 ch.3 §1, 2
10. 統語論(生成文法)(2): 移動、生成文法の企て ch.3 §3, 4
11. 統語論(機能的構文論): 文の情報構造、視点 ch.4 §1, 2, 3
12. 語彙意味論: 語の意味、意味関係 ch.5
13. 認知意味論: カテゴリー化とプロトタイプ、メトニミー、メタファー ch.6
14. 語用論: 発話の論理形式、表意、推意 ch.7
15. まとめと期末試験: 統語論、意味論、語用論
 
授業運営 Course Management
 授業は講義形式で行われる。授業計画の各回のテーマについて英語の言語事実の観察、解説、それに関わる基本的な概念の説明と練習問題の言語資料の分析を中心に進める。予習として、授業計画に沿って教科書の該当箇所を読んで授業に臨む事が求められる。また、授業では教科書ではカバーしていないトピックを扱う場合もあるので、授業に出席し、ノートを取り、内容の理解を深める事が求められる。
 
評価方法 Evaluation Method
中間試験 40%
期末試験 40%
リアクションリポート 20% (授業に出席し、提出した場合のみ評価の対象とする)

* 特別な理由無く講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。やむを得ない理由により講義を欠席する必要がある場合は、事前に欠席事由を示す書類等を提出の上、担当者に相談すること。

 
オフィスアワー Office Hour (s)
初回授業で連絡する。
 
使用書 Textbook (s)
三原健一・高見健一(編著)『日英対照 英語学の基礎』[くろしお出版]2013

参考書 Book (s) for Reference
『Language Files: Materials for an Introduction to Linguistics, 10th edition』[Ohio State University Press]2007
Victoria Fromkin et.al.『An Introduction to Language, 10th edition』[Cengage Learning]

 
 
 
[前へ戻る]