[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
中小企業と法
Small and Middle Enterprises and Law 
 担当者
 Instructor
教授   葭田 英人  後学期 月曜日4時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①中小企業の概念、②中小企業の形態、③中小企業の運営、④中小企業の取引、⑤中小企業の問題点について学ぶことにより、中小企業社会を見る力を身につけることである。
 
授業内容 Course Content
 本講義においては、中小企業と法Ⅰより引き続き、特例有限会社、持分会社(合名会社・合資会社・合同会社)および有限責任事業組合について、その特徴的な点を解説し比較検討する。さらに、中小企業において、現在問題になっている事項(中小企業の税制・中小企業における独禁法および下請法・中小企業の事業承継)について論及し、中小企業法について必要とされる知識の習得と考え方を学習することを目的とする。
 
授業計画 Course Planning
 各回の講義内容は一応次のように予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。なお、復習としては、講義で示した理論・知見を考察してみること。 
  1. 特例有限会社の株主総会
 株主総会の意義、運営、決議方法について学び、そのあり方を考察する。
 2. 特例有限会社の取締役・監査役
 取締役と監査役の意義と機能について学び、そのあり方を検討する。
 3. 特例有限会社の株式・新株予約権・社債
 株式・新株予約権・社債の内容や性質および権利と義務について学び、その法律上の意義について考える。
 4. 特例有限会社の計算
 特例有限会社の計算規則について学び、特に資本金制度や剰余金分配規制に関する問題点を検討する。
 5. 特例有限会社の組織再編
 特例有限会社の組織変更・合併・会社分割について学び、その意義を考える。
 6. 持分会社の設立・社員・管理
 持分会社の設立手続や定款記載事項および社員・管理の意義や特質について学び、法的意義について検討する。
 7. 持分会社の計算・合同会社の計算の特例
 持分会社の計算規則および合同会社の計算の特例について学び、その特質について考察する。
 8. 持分会社の組織再編・終了
 持分会社の組織再編・解散・清算について学び、その特質について検討する。
 9. 有限責任事業組合の総則・組合員
 有限責任事業組合の組成および組合員の特質や業務執行について学び、法的意義について考える。
10.  有限責任事業組合の計算・終了
 有限責任事業組合の計算規則および解散・清算について学び、その特質について検討する。
11.  中小企業の税制
 中小企業税制の意義と内容を学び、その特質を検討する。
12.  中小企業における独禁法・下請法
 中小企業における独禁法・下請法の意義と内容を学び、そのあり方を考える。
13. 中小企業の事業承継
 中小企業の事業承継に関する問題点を明らかにし、そのあり方や事業承継対策について検討する。
14. 中小企業に関する重要事項(1)
 中小企業の機関設計、会計参与、最低資本金制度に関する問題点を検討し、そのあり方を考える。
15. 中小企業に関する重要事項(2)
 中小企業における特例有限会社の長所・短所、および合同会社と有限責任事業組合を比較検討し、そのあり方や活用方法を考える。
 
授業運営 Course Management
 講義形式をとるが、質疑応答をできるだけ取り入れながら授業を進める。なお、講義中の私語、飲食および無用な出入りは厳禁とする。
 
評価方法 Evaluation Method
 記述式定期試験の成績により評価する。指定のテキストおよび自筆ノートのみ持込可。評価基準として、論じている視点・論点の豊富さ、
 記述内容の正確さ、説得力等により加点し、文章の拙劣さ、余計な表現・表記や誤字・脱字等を適宜減点して採点する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 随時受け付けるが、原則として、月曜日の昼休み時間(研究室)とする。なお、質問や指摘は講義後にも受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
葭田英人『中小企業と法』初版[同文舘出版]2013年


 
 
 
[前へ戻る]