[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
細胞生物学各論
Special Lecture in Cell Biology
 担当者
 Instructor
准教授 安積 良隆  後学期 金曜日1時限
准教授 豊泉 龍児  後学期 金曜日1時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、履修者諸君が、分化した組織細胞の機能が統合された形で植物や動物の多細胞体制が形成され維持されていることを理解するとともに、日進月歩の細胞生物学分野の研究の知見をどのように取り込み、自らの知識のバージョンアップを図るのか、その知的技術を身につけることにある。
 細胞生物学は、分子生物学、分子遺伝学、植物発生学、動物発生学、生物情報学やゲノム科学と隣接し、相互に融合しあった、いわゆるライフサイエンスの基幹となる学術領域を担っている。履修者諸君が、細胞生物学が複合領域を形成している生物学の中心的な一分野であることを理解し、個々の組織細胞の営みの総和と細胞間の相互作用から多細胞生物が発生し、次世代に生命を繋いでいることを理解することにも到達目標をおく。

 
授業内容 Course Content
 この講義では、高等学校「生物」や大学教養程度の生物学的知識を基盤とした細胞生物学の基礎を解説しつつ、特に植物の配偶子形成、発生と組織構築、動物の初期発生と組織構築を細胞生物学的視点から解説する。講義の序盤で生命の基本単位である細胞の描像を、最新の知見を踏まえて紹介し、第3回以降は、動物分野と植物分野を素材として、細胞生物学の視点や研究手法を常に意識しつつ、生物のからだづくりについて講義する。各回はある程度完結させる形をとる。大学院生として基礎的な英語力があることを前提とし、優れた英文資料も積極的に導入する。
 
授業計画 Course Planning
 学部生の時期に系統的に細胞生物学を学んでこなかった履修者にも配慮しつつ、そのような受講生に高校「生物」や大学教養程度の細胞生物学的知識を序盤で与え、中盤以降は大学院生にふさわしい生物学的知識の獲得のスタイルを身につけてもらうように授業を進める。講義資料を事前に配布する場合には、予め目を通し、専門用語の英単語の和訳をつけておくことを履修者に求める。復習は授業プリントのキーワードをもとに、自作のノートに、キーワードを書き出し、その要約を記す形で実施して欲しい。次いで、いくつかのキーワードの関連性について考える過程で、履修者自らが、最新の細胞生物学の体系的な理解を会得して欲しい。第1回〜第7回は豊泉が担当し、第8回〜第14回は安積が担当する。第15回は、第14回までの授業内容について、高等学校「生物」の細胞の項や大学教養レベルの細胞生物学で学んだ内容と比較参照しながら、細胞生物学の体系性を意識して総括する。

第1回; シラバスの記載事項についての確認。真核生物と原核生物の細胞生物学の基礎の復習。
第2回; 細胞の分化と細胞外基質。
第3回; 線虫をモデルとした、多細胞体制構築の細胞生物学的研究。ホヤをモデルとした細胞生物学的研究。
第4回; ショウジョウバエをモデルとした、多細胞体制構築の細胞生物学的研究。
第5回; 小型硬骨魚類をモデルとした、多細胞体制構築の細胞生物学的研究。
第6回; 両生類をモデルとした、多細胞体制構築の細胞生物学的研究。
第7回; 羊膜類をモデルとした、多細胞体制構築の細胞生物学的研究。
第8回; Plant Cell Division
 Stages of Mitosis and Meiosis and Regulation of their Progress
第9回; Double Fertilization in Angiosperms
 Live Imaging Reveals Cell Dynamics
第10回; Embryogenesis
 Polarity and Pattern Formation
第11回; Plant Stem Cells
 Mechanism for Maintenance of Apical Meristems
第12回; Regulation of Cell Division by Plant Hormones
 Mechanism to Regulate Cell Function and Gene Expression
第13回; Light Receptors
 Phytochrome, Cryptochrome, and Phototoropin
第14回; Interaction between Plant and Other Organisms
 Agrobacterium and Rhizobium, Colonization and Symbiosis
第15回; 第14回までに学んだ内容の総括。

 
授業運営 Course Management
主に講義形式によるが、一部演習形式を取り入れることがある。各回の授業時間の20%を限度として、授業時間内に理解を深めるための小テストを実施することがある。

特に購入を求める使用書はない。
参考書については、各担当者の授業の初回で紹介する。

 
評価方法 Evaluation Method
授業中に課題を指定するレポートの、内容と提出状況で評価する。レポートは、文章の論理展開をよく考えて書き、誤字脱字や文意不明の文章がないようによく読み直してしてから提出して欲しい。レポート提出日の締め切りを守ること。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問や指摘は講義後にその場で受け付ける。安積、豊泉の教員室に質問に来てもよいが、
他の授業や校務がある場合には、再訪を求めることがある。

 


 
 
 
[前へ戻る]