[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
応用確率モデル論
Theory of Applied Stochastic Models
 担当者
 Instructor
准教授 加藤 憲一  後学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
本講義の到達目標は、確率モデル解析で応用上重要な位置を占めるマルコフ連鎖と再生過程の概念と主要な性質について理解し、またそれらの確率過程による応用事例について習得することとする。
 
授業内容 Course Content
本講義ではマルコフ連鎖の概念と主要な性質、応用的なモデルについて講義を行う。
 
授業計画 Course Planning
各回の講義内容は以下のように予定しているが、進捗状況に応じて若干前後する場合もある。

1)確率論の基礎
2)確率変数
3)期待値
4)分散
5)母関数
6)離散時間マルコフ連鎖
7)推移確率
8)状態の分類
9)マルコフ連鎖の再帰性
10)定常分布
11)定常分布と極限確率
12)ポアソン過程と指数分布
13)ポアソン過程の性質と応用事例
14)再生過程と計数過程
15)復習とまとめ


 
授業運営 Course Management
輪講形式を予定している。受講生で担当を決め、テキストの翻訳と解説を講義中に行ってもらう。受講生の人数に応じて変更する場合もある。
 
評価方法 Evaluation Method
口頭発表の状況、レポートによる。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
在室時はいつでも受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
Sheldon M. Ross,Intoroduction to Probability Models,Academic Press,2002年
宮沢政清『確率と確率過程』[近代科学社]2003年


 
 
 
[前へ戻る]