[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
環境化学特論
Advanced Environmental Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   堀 久男  後学期 金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
大気、水、土壌等の地域レベル、さらには地球レベルでの環境の保全のための有害物質の除去・浄化技術、分析技術、資源化技術について理系大学院生が知るべき知識を身につける。
 
授業内容 Course Content
環境の保全のためには排水や排ガス、さらには環境中の有害物質の種類や量を正しく測定し、その有害物質を効率的に除去・浄化する技術が重要である。ここでは水、大気、土壌等の地域レベル、さらには地球全体に関わる環境の現状や施策、環境保全のための対策技術、分析技術、資源化技術について基礎から応用まで具体例を交えながら幅広く講義する。
 
授業計画 Course Planning
具体的な講義項目は以下の通りであるが、各項目は受講学生の理解度に応じて前後する場合がある。

1. 測定データの取り扱い方
2. 水環境の現状と施策
3. 水質分析技術
4. 水質浄化技術
5.大気環境の現状と施策
6.大気分析技術
7. 大気浄化技術
8. 土壌環境の現状と施策
9. 土壌分析技術
10. 土壌浄化技術
11. グリーンケミストリー
12.光触媒
13. 最近のトピックス1:残留性有機汚染物質(POPs)
14. 最近のトピックス2:資源の循環利用、バイオマス
15.環境保全技術の最前線

 
授業運営 Course Management
授業時間ごとに学ぶべきポイントを具体例を挙げながら解説する。パワーポイントおよびプリントを併用する。15においては例年、外部の専門家を招いて講演してもらい、質疑を行っている。
 
評価方法 Evaluation Method
レポート内容や授業中の質疑等の状況で総合的に評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
授業終了後、その場で受け付ける。
 

参考書 Book (s) for Reference
御園生 誠『化学環境学』[裳華房]2007
合原眞ほか『環境分析化学』[三共出版]
P.T.Anastas,Green Chemistry,Oxford University Press,2000
ほかJISハンドブックや環境白書等、適宜紹介する。
 
 
 
[前へ戻る]