[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
超分子化学特論
Advanced Supramolecular Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   木原 伸浩  後学期 火曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
受講生が
1.分子間相互作用の種類と特徴を理解すること
2.クラウンエーテルの特徴と応用について理解すること
3.分子認識場の構築おけるエントロピーとpreorganizationの役割について理解すること
4.超分子の構築における水素結合の利用について理解すること
5.アロステリック効果について理解すること
6.分子カプセルの構築と利用について理解すること
を目標とする。
 
授業内容 Course Content
 世界は分子でできているが、それぞれの分子は単独であるいは純物質として存在しているわけではない。いずれの分子も他の分子と相互作用をし、集合して超分子を形成し、その総体として世界は、ある。本講義においては、分子間相互作用の起源とそれによって形成される超分子構造について述べる。分子認識を熱力学的に取り扱うと共に、超分子の形成と機能が、生物の動作原理とどのように関係するのか講義する。
 
授業計画 Course Planning
以下の講義計画に従って授業を進める。分子間相互作用とその表われについて注意しながら日々の研究を行うとともに、輪講では超分子が関連する文献について注意を払うことで本講義に備えること。

1.超分子と分子間相互作用-1
   生体に見られる分子集合体と人工的な分子集合体
2.超分子と分子間相互作用-2
   引力的相互作用
3.超分子と分子間相互作用-3
   斥力的な相互作用:疎水相互作用
4.クラウンエーテル-1
   Pedersenの功績
5.クラウンエーテル-2
   イオン選択性
   アンモニウム塩の認識
6.クラウンエーテル-3
   長さ・不斉の認識
7.クラウンエーテル-4
   裸のアニオン
   イオンの分離と輸送
8.疎水的分子認識場-1
   シクロファン
9.疎水的分子認識場-2
   カリックスアレンとカルセランド
10.疎水的分子認識場-3
   シクロデキストリン
   反応場
11.水素結合-1
   核酸塩基・DNA
12.水素結合-2
   水素結合を利用した分子認識場
   多点認識
13.水素結合-3
   超構造
   自己複製
14.分子間の協調作用-1
   アロステリック効果
15.分子間の協調作用-2
   分子カプセル
 
授業運営 Course Management
講述で行なう。
 
評価方法 Evaluation Method
超分子化学の論文についてのレポートで評価する。評価は、論文の中身を過不足なく紹介しているか(50%)、論文の中で述べられている超分子を成立させている分子間相互作用についての記述が十分であるか(50%)、で行なう。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
質問・相談などは、授業終了後を含め随時、教室または研究室で直接、あるいは、kihara@kanagawa-u.ac.jpへのメールで受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
レーン(竹内 敬人)『超分子化学』[化学同人]1997
早下 隆士、築部 浩『分子認識と超分子』[三共出版]2007


 
 
 
[前へ戻る]