[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
生物科学英語
English for Advanced Biology Course 
 担当者
 Instructor
講師   畑中 泰道  前学期 金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 この授業の履修を通じて受講生は,生物科学の研究を進めるうえで必要な英語力の基礎を身につける。特に,生物科学の古典を,辞書を適切に活用しながら読みこなす力をつけるとともに,そこに出てきた文法事項や表現などをもとに,英語で書く力(特に,和文論文の英文要旨やポスター発表の紹介文など)の基礎を習得する。さらに,読む英語・書く英語の基盤力の証明として,工業英検2級の合格も視野に入れる。なお,この授業の学習内容は,すべての専門知識の学習において英語文献を臆することなく読解する実力をつけるのに役立つ。
 
授業内容 Course Content
 大きく3つの要素からなる。第1に,教科書を受講生が順に担当しながら講読する。第2に,そこに出てくる文法・構文や表現をもとに,短い英作文を行う。第3に,工業英検2級の問題を用いて,英語を読み書きする基盤力をつける。この他,英文要旨などを作成する必要が生じた受講生の希望に応じて,受講生全員の学習にも役立つよう,討議しながら作成を支援する。
 
授業計画 Course Planning
(1)ガイダンス(授業の内容と進め方の説明,読むべき文章の選定,など)
(2)品詞と文の要素
(3)文型
(4)時制
(5)助動詞
(6)態
(7)不定詞
(8)分詞
(9)動名詞
(10)関係代名詞
(11)関係副詞
(12)仮定法
(13)特殊構文
(14)情報構造
(15)総括
 
授業運営 Course Management
 講読は予習必須。担当者以外も指名して考えを尋ねることがあるので,全員指定範囲を必ず予習すること。担当者は用意した訳文を読み上げるのではなく,担当範囲の意味・内容を他の受講生に伝えるつもりで説明すること。工業英検の問題は指定箇所を自分なりに解答し,授業の最初に提出すること(詳細は初回に指示する)。英文要旨作成支援等の希望がある場合には,前回授業時に申し出て,準備等について必要な指示を受けること。辞書必須(電子辞書が望ましい)。
 
評価方法 Evaluation Method
 講読の内容を中心とするレポート60%,工業英検の課題30%,授業中の発表・発言内容10%で評価する。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 金曜日(授業前)の昼休みに6号館講師控室にて対応可。
 
使用書 Textbook (s)
Dawkins, Richard,The Magic of Reality: How we know what's really true,Black Swan,2012

参考書 Book (s) for Reference
日本工業英語協会『工業英検2級問題集 2012-2013年度版』[日本工業英語協会]2012

 
 
 
[前へ戻る]