[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
有機化学特論
Advanced Organic Chemistry
 担当者
 Instructor
教授   上村 大輔  後学期 水曜日2時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 有機化学は「創造の科学」でもある。医農薬、液晶、機能性高分子など目的化合物を効率よく合成するには、多彩な有機化学反応に基づく合成計画が必要となる。本講義では受講生が有機合成化学を学びつつ、現代有機化学の最先端の理解と修得を到達目標とする。
 
授業内容 Course Content
 トピックスをまじえ、授業計画にそって講義を進める。理解の困難な部分にはできるだけ時間をかけ、集中して目標を達成させる。
 
授業計画 Course Planning
 内容はできるだけ非専門の受講生にも理解できるように努め、各時間内で完結した内容としたい。各講義内容は次のように予定している。しかし、受講者の理解と時間の関係で若干前後することもある。
 1.はじめに
 2.官能基変換-還元
 3.官能基変換-酸化
 4.不斉合成反応-酸化
 5.不斉合成反応-還元
 6.不斉合成反応-炭素-炭素結合
 7.多段階合成のデザイン-逆合成解析
 8.多段階合成のデザイン-官能基変換に基づく逆合成
 9.多段階合成のデザイン-官能基移動に基づく逆合成
 10.多段階合成のデザイン-酸条件
 11.多段階合成のデザイン-塩素条件
 12.多段階合成のデザイン-カスケード反応
 13.多段階合成のデザイン-光学活性体
 14.多段階合成のデザイン-保護基
 15.まとめ
 
授業運営 Course Management
 トピックスをまじえて授業を展開する。各授業内で問題演習を含めるが、予習・復習を十分にすることが理解を深めるであろう。毎回演習問題の宿題を出すので講義以外にも時間をかけて取り組んでもらいたい。板書が中心であるが、配付資料も加える。
 
評価方法 Evaluation Method
 期末試験により評価するが、出席が全く評価対象にないわけではない。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
随時対応。E-mailにも対応する。
居室:2-238
E-mail:uemurad@kanagawa-u.ac.jp
 
使用書 Textbook (s)
野衣良治 ほか編『大学院講義 有機化学Ⅱ』[東京化学同人]1998年


 
 
 
[前へ戻る]