[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経営史特講
Advanced Studies in Business History
 担当者
 Instructor
教授   後藤 伸  前学期 火曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の目標として、①製造の基本設計とは何かを理解する、②革新(イノベーション)と製造の関連を明らかにする、以上の作業を通じて社会における企業の役割についての理解を深めることとしたい。
 
授業内容 Course Content
 製造の基本設計と言われている2タイプのアーキテクチャの概要を知ったうえで、イノベーションの在り方を歴史的な事例をふまえながら押さえていく。
 
授業計画 Course Planning
 本講義の内容は以下のとおりで進める。
1 オリエンテーション、授業の進め方と概要
2 企業のとらえ方
3 アーキテクチャとはなにか
4 職人的技巧の世界
5 インフラ整備の影響(鉄道とインターネット)
6 企業者機会の到来
7 量産技術の確立
8 流通の革新
9 マーケティング能力の構築
10 組織の革新
11 イノベーションをめぐる諸学説
12 現代のアーキテクチャとイノベーション
13 経営風土と競争力の源泉
14 個別事例の発表会
15 まとめ
 
授業運営 Course Management
関連論文ならびに著作を輪読形式で読み進める。講義参加者全員が毎回要約を提出し、報告者が提出した問題を中心に討議する。報告者には担当レポート内容と自分の研究課題との関連を取り上げた問題提起を望む。
 
評価方法 Evaluation Method
 毎回の討議への参加(50%)、個別事例発表(50%)。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
火曜日と木曜日の昼休み(12:40~13:30)、後藤研究室(1-221)
e-mail: gotous01@kanagawa-u.ac.jp

 
使用書 Textbook (s)
伊丹敬之ほか編著『戦略とイノベーション』[有斐閣(日本の企業システム)]2006
クレイトン・クリステンセン『イノベーションのジレンマ』増補改訂版[翔泳社]2001


 
 
 
[前へ戻る]