[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
制度会計論
Institutional Accounting Theory
 担当者
 Instructor
講師   大田 博樹  後学期 金曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①企業会計の慣習規範としての会計原則・基準の役割と体系を正しく理解すること、②日本の企業会計制度の仕組みと特徴を全体として理解すること、③個別・連結財務諸表の制度を理解し情報開示様式を修得すること、④企業会計の国際的な動向を概括的に知り、公表会計情報を分析する基礎的能力を獲得すること、におかれる。
 
授業内容 Course Content
 現代会計学の基本原理と会計制度の構造を講義する。ここでは主として金融商品取引法会計および会社法会計を学修することによって、現代企業会計制度の仕組みと手続きを学修する。「会計学原理」で学んだ内容を基礎に、さらに財務諸表の作成に関する基礎的知識を中心に学修する。また、連結財務諸表の作成基準についても学ぶ。
 講義前の準備としては、日常的に新聞等を読み会計関連の記事に関心を持つことに加え、「会計学原理」での学修内容を再度確認することが望まれる。また復習としては、授業回ごとに学修内容を確認して、内容の理解を確かなものにしておくこと。
 
授業計画 Course Planning
本講義では、テーマごとに講義を進めていく。なお、時間の関係で授業内容は若干前後することがある。
1 制度会計の領域と課題(1) 1)財務会計の体系と制度会計  2)制度会計の領域と課題 
2 制度会計の領域と課題(2) 1)企業会計制度の特質と構造   2)会社法会計と金融商品取引法会計 
3 会計原則の形成と発展(1) 1)企業会計の基本構造   2)会計原則と会計法規 
4 会計原則の形成と発展(2) 1)「企業会計原則」の構成   2)一般原則の役割と構造
5 会計原則の形成と発展(3) 1)企業会計基準の設定  2)企業会計基準の体系と内容
6 金融商品取引法会計(1)  1)金融商品取引法の目的と会計規定  2)財務諸表の体系 
7 金融商品取引法会計(2)  1)損益計算書  2)貸借対照表  3)株主資本等変動計算書
8 金融商品取引法会計(3)  1)キャッシュ・フロー計算書  2)財務諸表附属明細書等
9 会社法会計(1)      1)会社法会計の目的と会計規定  2)計算種類の体系
10 会社法会計(2)      1)損益計算書と貸借対照表  2)株主資本等変動計算書と個別・連結注記表
11 連結財務諸表(1)     1)連結会計制度の意義と特質   2)連結の範囲と連結会計年度 
12 連結財務諸表(2)      1)連結財務諸表の作成プロセス  2)連結財務諸表作成の一般原則
13 連結財務諸表(3)  1)連結損益計算書 2)連結貸借対照表 3)連結キャッシュ・フロー計算書
14 連結財務諸表(4)  1)税効果会計の適用  2)持分法  3)連結四半期財務諸表の開示
15 制度会計の課題 1)IFRSの導入とその影響  2)中小企業の会計基準  3)非財務情報の開示
 
授業運営 Course Management
 授業の運営にあたっては、最初に講義内容の骨子を板書等によって提示する。説明の都合と学ぶべき内容の整理に役立てるためである。理論的な科目はとかく単調な講義になりやすいので、会計関連 のトピックスを取り上げて解説したり、必要に応じて外部の専門家をゲストスピーカーとして迎えるなど、変化のあるものにするべく創意工夫したい。
 
評価方法 Evaluation Method
 成績の評価は学期末試験の結果で行なう。
 
オフィスアワー Office Hour (s)
 質問は講義中または講義後に受け付ける。
 
使用書 Textbook (s)
開講時に指示する。

 
 
 
[前へ戻る]