[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
制度会計論
Institutional Accounting Theory
 担当者
 Instructor
教授   照屋 行雄  後学期 木曜日3時限
 単 位
 Credit
2

到達目標 Target to be Reached
 本講義の到達目標は、受講生が、①企業会計の慣習規範としての会計原則・基準の役割と体系を正しく理解すること、②日本の企業
会計制度の仕組みと特徴を全体として理解すること、③個別・連結財務諸表の制度を理解し情報開示様式を修得すること、④企業会
の国際的な動向を概括的に知り、公表会計情報を分析する基礎的能力を確保すること、におかれる。




 
授業内容 Course Content
 現代会計学の基本原理と会計制度の構造を講義する。ここでは主として金融商品取引法会計および会社法会計を学習することによって、現代企業会計制度の仕組みと手続きを学修する。「会計学原理」で学んだ内容を基礎に、さらに財務諸表の作成に関する基礎的知識を中心に学習する。また、連結財務諸表の作成基準について学ぶ。
予習としては、指定された教科書や資料を授業回ごとに事前によく読んで、授業当日の学修に備えること。また、復習としては、授業回ごとに教科書や学修内容(ノートなど)を再度確認して、内容の理解を確かなものにしておくこと


 
授業計画 Course Planning
 全体を6章に分けて講義する。各章の内容は大体1~3回の授業をあてる予定である。
1 制度会計の領域と課題(1) 1)財務会計の体系と制度会計  2)制度会計の領域と課題 
2 制度会計の領域と課題 (2) 1)企業会計制度の特質と構造   3)会社法会計と金融商品取引法会計 
3 会計原則の形成と発展(1) 1)企業会計の基本構造  2)会計原則と会計法規 
4 会計原則の形成と発展 (2) 1)「企業会計原則」の構成   2)一般原則の役割と構造
5 会計原則の形成と発展(3) 1)企業会計基準の設定  2)企業会計基準の体系と内容
6 金融商品取引法会計 (1)  1)金融商品取引法の目的と会計規定  2)財務諸表の体系 
7 金融商品取引法会計(2)  1)損益計算書  2)貸借対照表  3)株主資本等変動計算書
8 金融商品取引法会計(3)  1)キャッシュ・フロー計算書  2)財務諸表附属明細書等
9 会社法会計(1)  1)会社法会計の目的と会計規定  2)計算種類の体系
10 会社法会計(2)  1)損益計算書と貸借対照表  2)株主資本等変動計算書と個別・連結注記表
11 連結財務諸表(1) 1)連結会計制度の意義と特質   2)連結の範囲と連結会計年度 
12 連結財務諸表(2) 1)連結財務諸表の作成プロセス  2)連結財務諸表作成の一般原則
13 連結財務諸表(3) 1)連結損益計算書 2)連結貸借対照表 3)連結キャッシュ・フロー計算書
14 連結財務諸表(4) 1)税効果会計の適用  2)持分法  3)連結四半期財務諸表の開示
15 制度会計の課題 1)IFRSの導入とその影響  2)中小企業の会計基準  3)非財務情報の開示



 
授業運営 Course Management
 授業にあたっては、最初に予定内容の概要を板書等によって提示する。説明の都合と学ぶべき内容の整理に役立てるためである。理論的な科目はとかく単調な講義になりやすいので、できるだけ図解による説明を多く取り入れたり、会計関連のトピックスを取り上げて解説するなど、変化のあるものにしたいと思う。なお、関連する問題についてゲストスピーカーを迎えて、講演会等の機会をもつ予定である。





 
評価方法 Evaluation Method
 成績の評価は学期末試験の結果を基礎とする。ただし、小テストを中間段階で1回実施し、成績評価に加える。なお、毎回講義に出席していないと単位の取得は困難である。



 
オフィスアワー Office Hour (s)
 木曜日の12:40~13:20に、研究室(1-244)で質問・相談等に対応する。


使用書
照屋行雄『企業会計の制度(予定)』初版[中央経済社]2013年


参考書
開講時および随時紹介する。



 
使用書 Textbook (s)
照屋行雄『財務会計の理論』初版[中央経済社]2015年
指定された教科書は是非購入して、予数・復習で活用すること。
参考書 Book (s) for Reference
授業中に指示する。
 
 
 
[前へ戻る]